1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

ニルヴァーナのジャケ写「全裸赤ちゃん」提訴が話題、日本の法律で「児童ポルノ」にあたる?

弁護士ドットコムニュース / 2021年8月30日 10時12分

写真

関連画像

30年前、米ロックバンド、ニルヴァーナのアルバムジャケットに使用された赤ちゃんの裸の写真をめぐり、被写体となった米国人男性が、性的搾取だとして、バンド関係者を提訴した。海外メディアが報じている。

報道によると、男性は生後4カ月だった1991年、プールの中で全裸になって、釣り糸でぶら下げられた1ドル札に手を伸ばしている姿を撮影された。

この写真は、ニルヴァーナのセカンドアルバム「Nevermind」(ネヴァーマインド)のアルバムジャケットとして使用された。アルバムは3000万枚の売り上げを記録した。

現在30歳の男性は、彼とその両親が、写真の使用を許可する文書に署名したことはなく、全裸画像が「児童ポルノ」であると主張。

元メンバーなど15人を相手取り、それぞれ15万ドル(約1650万円)の支払いを求めて、米カリフォルニア州の裁判所に提訴しているという。

世界的に有名なアルバムジャケットだが、日本の法律に照らすと、児童ポルノにあたるのだろうか。奥村徹弁護士に聞いた。

●「児童ポルノとされる恐れがある」

――赤ちゃんの裸体は、日本の法律に照らして、児童ポルノにあたるのか?

「微笑ましい」「あどけない」といって許容されると言いたいところですが、児童ポルノ法には、そのような除外事由はなく、「性欲を興奮させ又は刺激するもの」(児童ポルノ法2条3項3号)にあたるかどうかで判断されます。

立法関係者の解説書によれば、「性欲を興奮させ又は刺激する」とは、一般人の性欲を興奮させ又は刺激することをいうものと解しています」「一部の少数者の性欲を興奮させ又は刺激するものは、一般人の性欲を興奮させ又は刺激するものでない限り、児童ポルノには当たりません」(『よくわかる改正児童買春・児童ポルノ禁止法』)とされています。

乳幼児のあどけない裸体画像は、除外されるかのように説明がされていて、裁判例では「沐浴している場面」は、児童ポルノに該当しないとするものもあります(横浜地裁平成28年7月20日)

ただし、高裁判例レベルでは、「トイレに座る画像、一部着衣してあどけなく座る画像、児童が突っ立っている画像」や「男湯脱衣場にいる女児画像」について、児童ポルノに該当するとされていて、厳しい態度をとっています(東京高裁平成30年1月30日/大阪高裁平成24年7月12日)。

これらによれば、問題のジャケット画像の乳児の画像も、性器が写っているので、「児童ポルノ」とされるおそれがあります。

●芸術性を備えれば、児童ポルノ性が否定される余地あり

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング