1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

無期懲役判決で万歳三唱した「新幹線無差別殺人犯」は何者だったのか 面会続けた女性写真家に聞く

弁護士ドットコムニュース / 2021年9月29日 7時21分

写真

関連画像

2018年6月9日午後9時45分ごろ、走行中の東海道新幹線「のぞみ265号」の車内で、無差別殺傷事件が発生。女性2人がナタなどで襲われ、止めに入った男性が殺害された。

逮捕されたのは、当時22歳の小島一朗。小島には前科前歴もなく、住む場所や両親、友人もおり、これまでの無差別殺傷犯とは異なる人物だった。取り調べや裁判では、犯行の動機として「刑務所に入りたかった」「無期懲役を狙った」などと語っていた。

2019年12月18日。裁判(横浜地裁小田原支部)で言い渡された判決は「無期懲役」だった。判決を聞いた小島は「万歳三唱させてください。ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!」と腕を振り上げながら、大声で万歳三唱した。控訴せず、2020年1月に刑が確定。刑務所に収容された。しかし、小島の言動の意味や家族間の問題については何も語られず、謎は残されたままだった。

小島一朗とは、どんな人間なのか。その謎を明らかにするため、事件発生後から本人や家族への取材を続け、小島に迫り続けた女性がいる。写真家のインベカヲリ☆さんだ。9月28日に発売された事件ルポ『家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像』(角川書店)には、約3年にわたる取材で浮かび上がった小島の内面が描かれている。

なぜ、小島に迫ろうと思ったのか。インベさんに話を聞いた。

●「殺人犯」ではなく「人間」として

ーーインベさんは、これまで写真家として、女性を被写体にした写真を撮影されていますが、なぜ、小島に接触しようと思ったのですか。

写真を撮るときと同じように「人間」の心理を知りたい、「殺人犯」ではなく「人」としての小島一朗のこころの中を覗いてみたいと思いました。

私は、写真家としては「語る言葉」を持っている人を被写体にしているので、まずは本人の話を聞き、そこからイメージを膨らませ、写真の絵作りをするというスタイルで撮影しています。

もともと、事件への関心もありましたが、小島には掘り下げてみたくなる要素がたくさんありました。初期の報道では「刑務所に入りたい」「自分はホームレスをやったことがあって、食事を全然摂らなかったときの空腹感が快感になって忘れられない」など、小島の奇妙な発言が取り上げられていました。

これまで、たくさんの女性と会う中で、独特な言い回しや理解できない言葉が出てきた場合、そこを掘り下げていくと、その人だけの世界観が見えてくるということが多々ありました。小島についても、掘り下げた先に見えてくる「本当の動機」があるかもしれない、どこかで「普遍的真理」と繋がっているかもしれないと思ったんです。

●取材中止を考えたことも

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング