寄生虫博士が「薬事法違反」で書類送検!どこに問題があったのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年4月9日 18時44分

写真

関連画像

寄生虫学などが専門で、自分の腸内でサナダムシを飼うなど、「寄生虫博士」として知られる藤田紘一郎・東京医科歯科大学名誉教授が、薬事法違反(無許可販売ほう助)の疑いで書類送検された。

報道によると、藤田名誉教授は2009年6月~13年10月の間、顧問をしていた健康食品会社の栄養補助食品(CBプロポリス粒)について、「がん細胞を死滅させる」などと医学的効能をうたった記事を書き、商品のパンフレットや医療系無料雑誌に掲載されたという。

こうした広告記事は身の回りにあふれているような気もするが、藤田名誉教授の行為はどうして薬事法上、問題とされたのだろうか。また、藤田名誉教授はその後、不起訴(起訴猶予)とされたが、これはどういう意味なのだろうか。薬剤師の資格をもち、薬事法にくわしい赤羽根秀宜弁護士に聞いた。

●効能がなくても、薬として販売したら「医薬品」と扱われる

「藤田名誉教授の書類送検の前に、栄養補助食品(CBプロポリス粒)を販売した健康食品販売会社の社長が薬事法違反で逮捕されています。まず、ここから考えていきましょう」

このように赤羽根弁護士は切り出した。

「薬事法2条1項では、『医薬品』を、日本薬局方(=日本の医薬品の規格基準書)に収められている物の他、疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているもの等、と定義しています」

なにやら難しそうな定義だが・・・

「そうですね。実際に薬効がある医薬品のほかに、薬効のないものを薬として売る際にも、医薬品として薬事法の規制を受けます。たとえば、その物自体に医薬品的な効能効果が全くなくても、『抗がん作用がある』というような医薬品的な効能効果を標ぼうして販売すれば、多くの人が治療などに使われると考えるでしょう。その場合は、結果として『医薬品』にあたるのです」

効果がなくても、「薬」として売っていたら医薬品扱いだなんて、なんだか狐につままれたようだ。

「薬事法の目的は、医薬品を使うことで国民の健康に生じる副作用等の積極的な弊害だけでなく、薬効のない薬を野放しにすることによって、適時適切な医療を受ける機会を失わせてしまうという消極的な弊害も、未然に防止しようとする点にあります。

そのことから、医薬品とは、その成分・形・名前や、表示されている使用目的・効能効果、販売時の演述・宣伝などを総合して、『人や動物の疾病の診断、治療・予防に使用されることが目的だ』と通常、一般人が理解するような物をいいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング