記者「STAPの公開実験をしてみては?」 小保方さん「私の判断では決められない」

弁護士ドットコムニュース / 2014年4月9日 19時20分

写真

関連画像

「STAP現象は何度も確認されている真実です」。理化学研究所(理研)の小保方晴子研究ユニットリーダーは4月9日、記者会見でこのように断言した。記者から「STAP細胞はあるんでしょうか?」と問われると、「STAP細胞はあります」とキッパリ答えた。

だが、STAP現象の存在が疑われている主な原因は、英科学誌「ネイチャー」に発表したSTAP論文に不適切な点があったことに加え、論文の関係者を除いて、誰一人、その「再現」に成功していないためだ。

●「私の実験を見たい方がいれば、どこにでも行きたい」

小保方リーダーは記者会見で、「STAP細胞は200回以上、作製に成功しています」と述べたが、第三者が検証できる形でないと、説得力をもちにくい。

そこで、ニコニコ動画の七尾功記者から「ネットで公開実験をしてはどうか」という提案が出た。

それに対して、小保方リーダーは「もし私が実験して幹細胞を作るところが見たいという方がいれば、どこにでも行きたい。研究を少しでも前に進めてくださる方がいるならば、できるだけの協力をしていきたいと考えています」と述べた。

ただ、ネットで公開実験するという提案にうなずいたわけではない。再度、別の記者が「実際に公開実験をするのか」と質問したが、小保方リーダーからは否定的な答えが返ってきた。

「公開実験については、私の判断では何一つ決められることではないので、ちょっとお答えすることはできないんです」

(弁護士ドットコム トピックス)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング