1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

乳腺外科医の準強制わいせつ事件で最高裁弁論、弁護側改めて無罪主張「検察の主張は大胆」

弁護士ドットコムニュース / 2022年1月21日 17時46分

写真

関連画像

手術直後の女性患者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師の上告審弁論が1月21日、最高裁第二小法廷(三浦守裁判長)で開かれた。判決期日は追って指定される。

最高裁は2審の判断を変更する場合に弁論を開くことが多いため、男性に懲役2年の逆転有罪判決を言い渡した2審・東京高裁判決が見直される可能性がある。

弁護側は「科学捜査研究所の鑑定結果の検査プロセスや計算の過程を検証できる客観的なデータは何一つなく証拠排除されるべき。検察側証人として出廷した医師の証言には科学的証拠としての価値は全くなく、独自の見解だ」と無罪を主張した。

検察側は「女性の話は客観的証拠や周りの人の証言で裏付けられている。そのこと自体が現実を語っているという何よりの証拠だ。女性の行動はせん妄とはかけ離れており、女性の語った内容は現実の出来事だ」などと上告棄却を求め、結審した。

●弁護団「無罪確定は間違いない」「検察の主張は大胆」

弁論後、弁護団は都内で会見を開いた。

主任弁護人の高野隆弁護士は「検察側の主張は『女性の証言が母や看護師などの証言と整合するから真実だ。幻覚ではなく現実の体験だ。だから他のことは検討する必要がない』という大胆なものだった。最高裁が破棄自判(最高裁自ら原判決に代わる判決をする)して、無罪確定することはほぼ間違いないと私どもは確信している」と述べた。

趙誠峰弁護士は「供述に対する相変わらずの依存の強さを感じた。検察官自身もせん妄下における幻覚への理解が間違っており、正しく理解していないと感じた」と話した。

●これまでの経緯は?

男性医師は2016年5月、東京都足立区の病院で、女性の乳腺腫瘍の摘出手術を担当したあと、全身麻酔から覚醒途中だった女性の着衣をめくり、胸をなめるなど、抗拒不能に乗じてわいせつな行為をおこなったとして、準強制わいせつ罪で逮捕・起訴されていた。

一審・東京地裁(2019年2月20日)は、(1)女性が麻酔による「せん妄」という状態だった可能性がある、(2)女性の乳首から男性医師のDNAが検出されたが、会話や触診などで付着した可能性があり、DNA鑑定の信用性に疑いがあるとして、犯罪の証明ができなかったと判断した。

手術後の患者にわいせつ、医師に無罪「せん妄の可能性」「DNA鑑定の信用性に疑い」(2019年02月20日) https://www.bengo4.com/c_1009/n_9270/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください