小保方さん「2週間の猶予がほしい」 STAP問題「再調査のための審査」めぐり要望

弁護士ドットコムニュース / 2014年4月21日 16時20分

写真

関連画像

STAP細胞の研究論文をめぐって、理化学研究所の調査委員会から「研究不正」をおこなったと認定された小保方晴子研究ユニットリーダーは4月20日、調査委員会に対して、不服申立書を補充する文書を提出した。小保方リーダーは、論文に掲載するはずだった画像が存在するので「ねつ造」ではないと主張するとともに、再調査するかどうか判断する期間として「2週間の猶予」を求めている。

小保方リーダーは8日、理研に不服申立てをおこなった。それを受けて、理研の調査委は再調査の必要があるかどうかについて、「速やかに判断する」としていた。

●資料入手から「わずかな時間しか経過していない」

補充書のなかで、小保方リーダー側は、「再調査の審査にあたり、申立人からの不服申立理由補充期間としてさらに2週間の猶予を求める」としている。代理人の三木秀夫弁護士の事務所によると、補充書を提出した翌日の21日から数えて2週間ということだ。

その理由として、2点をあげている。ひとつは、小保方リーダーが理研に提出した資料を代理人らが入手してから、「わずかな時間しか経過していない」というものだ。補充書によると、理研が資料を開示したのは4月8日と15日で、資料の内容を十分に検討するために、「今後、相当の時間が必要である」と主張している。

もうひとつの理由は、小保方リーダーの体調だ。小保方リーダーは体調不良を訴えて、4月7日から治療のために入院している。そのため、代理人らは長時間の打ち合わせができないとのことで、「充実したヒアリングのためには、相当の時間が必要である」としている。

補充書ではほかにも、「ねつ造」とされた画像の取り違いについて、本来掲載するはずだった「画像は存在する」として、あらためて「悪意のない間違い」だと強調。また、画像の切り貼りについては、「結果を偽装するために行ったものではない」として、「改ざん」を否定している。

今回の「不服申立についての理由補充書」(要約版)で、小保方リーダーが「2週間の猶予」を求めている「再調査のための審査」についての記述は次のとおり。

●再調査のための審査について

再調査のための審査にあたっては、下記の点について考慮いただきたい。

1 資料入手からわずかな時間

 申立人が資料を入手してからわずかな時間しか経っていない。すなわち、理研から、申立人の提出した資料の開示を受けたのは、4月8日夜(資料のごく一部)と4月15日であることなど、資料の入手から、わずかな時間しか経過していない。代理人らがその内容を十分に検討するために、今後、相当の時間が必要である。

2 申立人の体調

 申立人は、体調が悪く治療のため入院中であり、長時間の打ち合わせができない状況にある。充実したヒアリングのためには、相当の時間が必要である。

3 小括

 以上の事情から、再調査の審査にあたり、申立人からの不服申立理由補充期間としてさらに2週間の猶予を求める。

(弁護士ドットコム トピックス)

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング