近所の建築工事の「音」がうるさすぎる・・・訴えれば工事をやめさせられるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年5月1日 11時38分

写真

関連画像

近所から、けたたましい建築工事の音が鳴り響いてくる――。工事自体は仕方のないことかもしれないが、毎日、騒音を聞かされるほうはたまったものではない。あまりにもひどい場合、耐えられなくなって、住まいを移す人もいるようだ。

弁護士ドットコムの法律相談コーナーにも、建築工事の騒音で悩まされている人の質問がいくつか寄せられている。ある妊娠中の女性は、近所の建築工事の音でストレスを感じ、マンスリーマンションに一時的に避難することになったという。

では、近所の住民は「工事音がうるさい」という理由で、施主などに工事をやめてもらえるのだろうか。また、騒音を避けるために一時避難をしたり、引っ越した人は、「一時避難費用」や「引っ越し費用」を、施主に請求できるのだろうか。大阪弁護士会の公害対策・環境保全委員会の委員をつとめる山之内桂弁護士に聞いた。

●工事差止の「仮処分申立」という対抗手段がある

「工事のうち、くい打ちなど特定の騒音作業には、騒音規制法にもとづく規制基準があり、騒音限度や作業時間が規制されています」

このように山之内弁護士は説明する。それ以外の場合はどうなのか。

「人には、平穏な生活を侵害されない『人格権』や、土地・建物の価値を保持する『財産権』があります。

ですから、規制の有無にかかわらず、工事騒音や地盤振動等の迷惑行為が、周辺住民の権利を脅かし、回復困難な損害を生じさせる危険性が高い場合には、『当該工事をしてはならない』との裁判を求めることが考えられます」

しかし、裁判となると時間がかかりそうだが・・・。

「このような場合、『工事差止の仮処分申立』の方法を使います。仮処分というのは、その名のとおり『仮の処分』なので、通常の裁判よりも早く結論が出るのです。

申立のためには、行政の担当部局に騒音測定を依頼したり、自ら測定して証拠資料を集めることが必要です」

証拠を集めて裁判所に提出するだけで良いのだろうか。

「裁判所は、こうした仮処分の申立てがあると、相手方となる施主や工事業者を呼び出して、事情を聴取します。これを『審尋』と言います。

そして、被害状況や工事の利益等、当事者双方の事情を総合的に判断し、その工事を仮に中止させるべきかどうか審査します」

●工事の差し止めには「保証金」が必要

工事差し止めの結論が出た場合、どうなるのだろう。

「工事を止められる側の損害を担保するため、申立人が一定の保証金を供託することが条件となります。この保証金は工事規模に応じて相当高額になるので、事前の用意が必要です」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング