別居中の夫が「子どもの写真」をフェイスブックで「公開」 妻は削除を要求できるか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年5月8日 11時58分

そうなると、母親に残された手段は?

「父親をなんとか説得して、自主的に削除してもらうしかないでしょうね」

清水弁護士はこのように結論づけたうえで、次のようにアドバイスを送っていた。

「父親を説得をする際には、『何となくイヤ』という理由では、応じてもらえないでしょう。子どもにどのような不利益が生じる可能性があるのか、具体的に説明して、理解してもらうしかないのではないでしょうか。

たとえば、幼児性愛を持つ者により、写真を興味本位に扱われたり、拡散されるおそれがあるといった説明がありえるでしょう。また、写真にGPS情報が含まれている場合、誘拐被害に遭う可能性があるということもありえるのではないかと思います。

どうしても夫婦での話し合いがつかない場合には、簡易裁判所でおこなう民事調停という手続きを利用して、調停委員という第三者をまじえて解決を図るという方法もありえると思います」

(弁護士ドットコム トピックス)

【取材協力弁護士】
清水 陽平(しみず・ようへい)弁護士
IT法務、特にインターネット上で行われる誹謗中傷の削除、投稿者の特定に注力しており、平成24年には東京弁護士会の弁護士向け研修講座の講師を担当し、26年にも同様に講師を担当している。
事務所名:法律事務所アルシエン
事務所URL:http://www.alcien.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング