一人暮らしのアパートに「いとこ」が転がり込んできた! 追い出すことはできるか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年6月8日 13時30分

写真

関連画像

一人暮らしのアパートに転がり込んできた「いとこ」を追い出したい――。そんなネットの投稿が話題を呼んでいる。

投稿によると、部屋の主は19歳の女性で、両親が他界したため一人で働いて生計を立てている。そんなところに、大学4年のいとこ(成人男性)がやってきた。就職活動のためにバイトを辞め、生活費が足りなくなったという。

ところが、このいとこの男性は、アパートの家賃を含めたお金を全く出さないだけでなく、家事も一切やらず、食事も女性が用意したものを食べている。にもかかわらず、しばしば女性にキレることがあるという。女性もついに我慢ができなくなったようで、「怒りが収まらないから、追い出したい」と書いている。

このように自宅に親族がきて居座ってしまった場合、どうすればいいのか。「親族間には扶養義務がある」とも聞くが、それに違反しない形で、迷惑な親族を追い出すことはできるのだろうか。小澤和彦弁護士に聞いた。

●いとこ同士は扶養義務がない?

「民法は親族間の扶養義務について、『直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある』と定めています。子や両親、祖父母、そして、兄弟や姉妹には、お互いに扶養する義務があることになります」

とすると、直系血族(子・父母・祖父母)や兄弟姉妹以外は、扶養義務はないと言い切ってよいのだろうか。

「そうとは言い切れません。民法では、『家庭裁判所は、特別の事情があるときは、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる』としているのです。このため、裁判所の判断により、直系血族や兄弟姉妹以外でも、特別に扶養義務を負わされる場合もあります」

そうすると、今回の事例の「いとこ」という関係は、どうだろう。

「いとこは、父や母の兄弟姉妹の子なので、直系ではありません。したがって、当然に扶養義務があるわけではありません」

それでも、「三親等の親族」であれば、特別の事情があるときは、裁判所に扶養義務を認定されることがありうるわけだが・・・。

「この点、いとこは、『四親等の親族』です。したがって、当然の扶養義務がないのはもちろんのこと、裁判所の判断により、いとこに対する扶養義務が定められるということもないのです。

ですから、結論として、いとこに一緒に住ませる気がないのであれば、出て行ってもらうこともできます。もし、いとこが自分で立ち退かない場合は、裁判で建物退去の請求をすることもできるのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング