「論文撤回によって『STAP細胞はない』ということになる」(理研改革委会見・下)

弁護士ドットコムニュース / 2014年6月13日 19時51分

写真

関連画像

理化学研究所の抜本的な組織改革を提言した外部有識者による改革委員会は、6月12日の記者会見で、「STAP細胞の有無についてどう考えるか」という質問を何度も受けた。

科学者の委員たちは、STAP細胞の存在について懐疑的な意見を示しつつも、「STAP現象があると言った人がやっぱり何もなかったと言わない限り、決着がつかない」と、理研の再現実験によって真偽の決着がつけられることを求めた。

その一方で、岸輝雄委員長は「STAP論文2つを取り下げたら、普通の常識では『ない』ということ」と述べ、小保方晴子ユニットリーダーらが英科学誌「ネイチャー」に投稿した論文が撤回されたら、「STAP細胞は存在していない」と考えるべきだ、という見解を明らかにした。

記者会見の質疑応答のうち、STAP細胞の実験をめぐる主なやりとりは次の通り。

●「STAP細胞」はあったのか?

――理研の遠藤高帆・上級研究員が発表した解析の結果の件。この結果によって、ES細胞の混入の可能性がかなり高まって、STAP細胞の存在自体を疑うレベルと委員会は評価しているのか?

塩見美喜子委員:評価している。遠藤高帆先生はこの領域では有名な先生で、解析は信頼のおけるものであるということ。それから遠藤先生だけではなくて、東工大のあるグループ、それから東大のあるグループも同じような解析をして、同じような結果が出ているということ。それから裏がとれているということで、信ぴょう性はかなり高いと考えている。

――その流れでもう一点、このことによって、STAP細胞の有無についてまで、現時点で、もうすでに評価できるレベルだと委員会として考えているのか?

塩見委員:そのように言えるかと思う。ただ、私たちがいくら言っても仕方ないので、当事者たちが、これに関して、どのようにお考えなのかということを、私たちも聞きたいところだ。

――改革委員会は、結局、STAP細胞がなかったという見方で一致しているのか?

岸輝雄委員長:再現実験をやって「ある」と言った人が諦めるとか、あるいは「STAP現象がある」と言った人がやっぱり何もなかったと言わない限り、決着がつかない。だから、しっかり科学的にやろうという提案だ。

市川家國委員:我々は再現実験を提案している。これからいろんな事実が出てくると、小保方さんは、こちらが提供しても断るのではないかという憶測もある。

また、小保方さんがやって、もしできなかったら、彼女はたぶんこういう言い訳をするんだろうという想像もある。たとえば、「部屋の温度が違った」とか、あるいは「研究条件が悪かった」とか。「以前は成功したんだけど、今回はたまたま成功しなかった」という言い訳もありうるかもしれない。

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング