「デニーズ」そっくりのデリヘル「デリーズ」 パロディとして大目に見てくれないの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年6月16日 11時25分

写真

関連画像

見覚えのある黄色と赤のロゴマーク。でも、良く見ると何かが違う・・・。ファミリーレストランの「デニーズ」そっくりの商標を使ったとして、「不正競争防止法違反」の疑いで、デリバリーヘルス店「デリーズ」の経営者らが、6月11日に逮捕された。

問題とされたロゴは、色や形がデニーズのロゴと酷似している。デニーズでは「Denny's」「レストラン」などと書かれている部分が、「男の息抜きスポット」「DeLiy's」などという表記になっているのだ。報道によると、この「そっくりロゴ」は、昨年5月中旬から今年6月にかけて、デリヘル店のサイトなどで使われていた疑いが持たれている。同店は主に長野県内で営業をしていたという。

だが、ロゴが似ているからといって、レストランと風俗店を間違える人はいなさそうだ。また、店の名前も似てはいるものの、区別がつかないほどではない。「不正競争」とされるチェックポイントは、どこにあるのだろうか。たとえば、ロゴの色や形が少し違えば、大丈夫だったのだろうか? 知的財産権にくわしい岩永利彦弁護士に聞いた。

●「ブランドそのもの」に財産的価値がある

「今回経営者が逮捕された理由は、客を混同させたというのではなくて、いわゆる著名表示冒用行為(不正競争防止法2条1項2号)に当たるとされたからでしょう」

その「著名表示冒用」というのは、いったい何だろうか?

「いろいろなケースがありますが、典型的には『有名ブランドそっくりの商品名を使う』ような場合ですね。

有名ブランドの場合、そのロゴや名前自体に高い信用・名声・評判といった『財産的価値』があります。これは、そういった価値を守るためのルールです」

たしかに、全国展開している「デニーズ」なら、ブランドとしての価値も高いだろう。しかし、今回問題となったのは風俗業で、レストランとは全く異なる業種だ。その点は関係ないのだろうか。

「たとえ違う業種であっても、ブランドにタダ乗りされたり、意図しない形で利用されたりすれば、ブランドの価値が下がりかねません。そのため、レストランと風俗店のような、似ていないサービス間の場合でも『冒用』になるのです」

今回のようなケースでは、「ブランドの価値」そのものが重要となっているわけだ。

●「『Denny's』の表示を容易に連想できる」

ロゴの表示がどこまで似ていたらダメなのだろうか?

「判断のポイントは、外観・呼び名の印象や記憶、連想などによって、取引相手が二つの表示を全体的に類似のものだと受け取るおそれがあるかないかです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング