「ザッケローニを信じるしかない」弁護士W杯に9回出場したベテランがみる「3戦目」

弁護士ドットコムニュース / 2014年6月20日 19時30分

写真

関連画像

激戦が繰り広げられているサッカーのワールドカップ・ブラジル大会。日本代表は6月20日(日本時間)、グループリーグの2戦目として、ギリシャと対戦した。前半、ギリシャに退場者が一人出て、数的に有利になった日本だが、後半も得点をあげることができず、0対0の引き分けに終わった。

決勝トーナメントに進出するには、少なくとも、次の3戦目のコロンビア戦に勝利しなければならない。そのうえで、ギリシャとコートジボワールの試合が日本に有利に決着する必要がある。そんな苦しい状況に追い込まれてしまっている。

目が離せないワールドカップだが、今年5月下旬に、世界中の弁護士がサッカーで対戦する「弁護士ワールドカップ」がハンガリーのブタペストで開かれていたことをご存知だろうか。

FIFA主催のワールドカップと違って、2年に1回開かれている。前回大会まで9回出場した経験をもつ川添丈弁護士に、日本対ギリシャ戦の感想とコロンビア戦に向けた展望を聞いた。

●「コロンビアに勝つには、開き直るしかない」

――日本は数的に有利だったのに、なぜ点を取れなかったのか?

サッカーでは、退場者が出て10人になったチームが、逆に守りに集中して、隙がなくなるということがあります。日本は数的有利となりましたが、ギリシャの危機感や集中力が高かった。

つまり、前半で相手が10人になったのは、日本にとってチャンスでもあり、逆に点が入らなくなるようなことを予感させるような出来事の一つだったとも言えるかもしれません。

――日本代表が決勝トーナメントに進出するには?

理論的には、決勝トーナメントに進出する可能性は残っていますが、かなり厳しい状況になっていますね。率直に言うと、日本のサッカーはまだまだなのかなと。日本人はマスコミも含めて、ちょっと浮かれてすぎていたところがあります。現実を突きつけられたのかなと思います。

――日本がコロンビアに勝つためには、どうしたらよいのか?

いろんな意見があると思いますが、開き直るのが一番でしょう。ワールドカップの直前まで良い試合ができていたのに、本大会になって良い試合ができていないのは、やはり気持ちの問題が大きいような気がします。国民の期待みたいなものを背負って、萎縮していたように見受けられたので、本来の実力を出しきってほしいですね。

――ザッケローニ監督や選手たちについては?

選手はそれぞれ持ち味があるし、決して良いプレイができていなかったというわけではないと思います。出場した選手はそれなりのことはできていたけど、結果が伴わなかったというだけですから。ザッケローニ監督に任せた以上、彼の采配を信じるしかないでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング