安倍首相夫人・昭恵さん「私は、自分の頭でものを考えていなかった」

弁護士ドットコムニュース / 2014年6月23日 13時30分

写真

関連画像

安倍晋三首相夫人の昭恵さんが6月19日、東京・永田町の衆議院第一議員会館で開かれた「18歳選挙権を考えるシンポジウム」に出席し、スピーチをおこなった。

昭恵さんは「政治家の妻」として選挙にかかわってきたが、長い間「主人が言っていることが正しいと思っていて、自分の頭でものを考えていなかった」と述懐。50歳を目前にしてそのことに気づき、「言いたいことは言おう」と考えるようになったと話した。

さらに、日本の学校教育に疑問を感じたことをきっかけとして、中学2年生のときに起業した女子生徒のエピソードを紹介しながら、シンポジウムに参加した高校生たちに向かって、「自分の頭で考えることの大切さ」を訴えた。

●安倍昭恵・首相夫人のスピーチ(全文)

私は、平成5年(1993年)に主人が初当選して以来、20年以上、政治家の女房として、選挙を支えてきたつもりです。そのとき、どういうことを有権者の方たちにお願いしてきたかというと、とにかく「主人はがんばっておりますので、よろしくお願いします」と言って、握手をするんですね。

特に日本の場合は、妻の立場で政策を語ってはいけない。政策を語ると、生意気な奥さんだと思われる。「とにかく、握手をして頭を下げなさい」と、最初に教わるわけです。みなさんにお会いして「よろしくお願いします」というのが、長年の日本の選挙なんですね。

そういうのが選挙だった時代が続いてきましたが、いま、ずいぶん意識が変わってきているんじゃないかな、と。高校生のみなさんが、どうやって選挙で投票したらいいのかと真剣に考えている姿を見て、政治家も変わっていかなくてはいけないんだな、と感じました。

教育も一つ、大きな問題なんだろうなと思います。「いままでの日本を作ってきたのは教育のおかげで、間違っていなかった部分もある」と言っている方もいますし、たしかにそうだと思います。ただ、自分の頭でものが考えられるかというと、そうではない人たちもたくさんいて、まわりに流されてしまう。本当の芯はなんなのか、というのが分からなくなっている。

実際、私自身がそうでした。「主人が言っていることが正しい。それが、すべてなんだ」と、ずっと思っていたんですけど、前回、主人が総理大臣をやめたあとに、もう一回、学び直す機会があったんですね。そこで、いろいろ議論するなかで、「私はこう思います」と言うと、いっぱい突っ込まれるんですよ。選挙区では、政策について、そんなに突っ込まれることがないんです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング