性行為の「ライブ配信」で国内初の現行犯逮捕――なぜ検挙されたのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年6月30日 17時50分

写真

関連画像

ネットで性行為のライブ配信をしていた男女が公然わいせつ容疑で「現行犯逮捕」されるという、珍しい事件がおきた。

報道によると、逮捕されたのは自称ライブチャット配信業の30代男性と19歳の女子短大生。6月3日の夜、自分たちの性行為の様子をインターネットの動画配信サービス「FC2ライブ」で配信していたところ、以前から内偵捜査を進めていた京都府警が現場に踏み込んだのだという。

性行為をライブ配信した容疑で現行犯逮捕されるのは国内初。男性は昨年夏以降、20〜30人の女性との性行為の様子をネットで有料配信し、少なくとも3000万円以上を売り上げていたとみられている。

ただ、ネット上には、似たような無修正のアダルト動画が大量にある。今回のライブ配信は、そうした動画と何が違うのだろうか。検挙された理由について、徳永博久弁護士に聞いた。

●ネット上の生中継は「公然」にあたる

「まず、公然わいせつ罪は、『(1)公然』及び『(2)わいせつの行為』という2つの要件を充足した場合に成立する犯罪です。このうち『(1)公然』とは、不特定または多数人の認識できる状態を意味します」

今回の事例は、インターネット上の生中継だった。路上なら「公然」だと分かるが、ネット配信も「公然」になるのだろうか?

「逮捕された男女は、インターネット上の映像配信サービスを利用して、映像を有料公開しています。ネット上の有料配信は、お金を払えば誰でも見られる、つまり、不特定多数が閲覧できますので、『(1)公然』に該当します」

では、「(2)わいせつの行為」についてはどうだろう。

「『わいせつ行為』について、判例は次のような言い回しをしています。『その行為者または、その他の者の性欲を、刺激興奮または満足させる動作であって、普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するもの』。

ずいぶん堅苦しい表現になりますが、かみ砕いて言えば、日本において平均的な良識をもつ成人が、性的に『度が過ぎている』とか『見苦しい』と思うような行為です。見る人が性的に嫌悪感を覚えるような行為といえば良いでしょうか」

今回のようなケースは「わいせつ行為」に当てはまると言える?

「モザイクなどの処理のないまま性行為をライブ配信するのは、正常な一般人が『度が過ぎている』とか『見苦しい』と感じるレベルの行為でしょう。ですから、性行為の無修正ライブ配信は『(2)わいせつの行為』にも該当します。このように、2つの要件を満たしていますから、公然わいせつ罪が成立するのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング