「号泣議員」辞職で幕引き? オンブズマン「監査請求や訴訟に発展する可能性も」

弁護士ドットコムニュース / 2014年7月7日 20時24分

写真

関連画像

「号泣会見」で話題になった野々村竜太郎・兵庫県議の政務活動費問題をめぐり、議会の動きが本格化してきた。兵庫県議会の梶谷忠修議長は7月7日、野々村議員に対して、政務活動費を調査し、不正支出があれば返還することや、説明責任を果たさない場合は速やかに辞職することを盛り込んだ勧告文を手渡した。

報道によると、野々村議員は「調査に応じ、説明できない支出は返還する」「議員辞職を検討している」と話しているという。

野々村議員は昨年度、計195回の日帰り出張費として、政務活動費から約300万円を支出していたとされる。カラ出張や大量の切手購入などの疑惑も次々に生まれている。しかし、野々村議員はその詳細を明らかにしていない。

このまま幕引きを図ることはできるのだろうか。全国市民オンブズマン事務局長の新海聡弁護士に聞いた。

●辞職は政治的な話、有権者を納得させられるか

――野々村議員に対して辞職を求める動きが出てきた

「法的というよりは政治的な話になっています。つまり、有権者が納得できるかどうかですね。彼は政治家なので、一般の人と違って、説明責任があります。いくら自分としてはくだらないことだと思っても、みんなが聞きたいといえば、きちんと説明しないといけません。ところが会見では、説明が説明になっていませんでした」

――辞職をすれば問題は解決するのだろうか?

「辞職すれば、いったんは落ち着くのでしょうが、公金である政務活動費を目的通りに使っていなかったとしたら、返還せざるをえないでしょう。今後、住民監査請求や住民訴訟、知事からの返還請求などに発展する可能性もあります」

――今回のケースをどう見たか?

「議員が政務活動費の支出において、非常にルーズであることがあきらかになったケースだといえるでしょう。税金を使っている意識がありません。

今回は号泣会見がきっかけとなって注目を集めていますが、カラ出張疑惑というのは、彼だけに限らず、毎年のようにどこかで起きていることです」

●直ちに「詐欺罪」には結びつかない

――詐欺などの刑事事件に発展する可能性は?

「ないとはいえないでしょう。最初から嘘であることがわかっていて、議長や知事をだますつもりで虚偽の収支報告書を出したということであれば、詐欺にあたるという解釈もできるでしょう。

しかし、単に、政務活動費の条例に違反にしたというだけでは、詐欺にはあたりません。支出の手続きに違反したから、すぐに『詐欺だ』と指摘する人が多いですが、手続きのルールに違反しただけでは、直ちに詐欺にあたるわけではありません」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング