辻仁成さん中山美穂さん「離婚」――親権は「子どもの希望」で決まるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年7月10日 10時40分

写真

関連画像

ミュージシャンで作家の辻仁成さん(54)と女優の中山美穂さん(44)が7月8日、離婚した。辻さんはブログで「本日、離婚届けにサインをし、提出いたしました」と報告している。

2人の間には10歳の長男がいるが、「親権」は辻さんが持つことになったと報じられている。辻さんはブログで「今後は息子とふたりで生きていくことになります」と報告。「ぼくと生きたいと望んでくれた息子の気持ちにこたえられるよう、父親としても頑張りたいと思います」と綴っている。

未成年の子どもがいる夫婦が離婚する場合、どちらが親権をもつのか、争いになるケースも少なくない。今回、辻さんは、子どもが父親を選んだことを示唆しているが、親権は「子どもの希望」によって決まるのだろうか。離婚問題にくわしい佐々木未緒弁護士に聞いた。

●裁判所は「10歳くらい」から子どもの意思を尊重する

――子どもが「お父さんと一緒に暮らしたい」といえば、親権は父親になるのか?

「中山さんと辻さんのお子さんは10歳です。裁判所は親権を決める際、10歳くらいをめどに、子どもの意思を尊重するようになります。

10歳だと、意思が100パーセント尊重されるわけではありませんが、子どもの意見や養育環境などを総合的に考慮して、親権を決めることになるでしょう」

――10歳未満の子どもの意思は尊重されない?

「10歳未満の場合、子どもが『お母さんがいい』とか『お父さんと生きたい』と言ったとしても、必ずしも実現するとは限りません。

裁判所が重視するのは、夫婦と子どもの関わり方です。つまり、より長い時間を一緒に過ごしたほうに親権を与えるのが、子どもにとって、負担が少ないと考えるでしょう」

――10歳以上の場合はどうなるのか?

「高校生くらいになると、子どもの意思がかなり重視されるようになります。子どもに、どちらを望むのかを書面に記載してもらって、親権を決めることもあります。

小さな子どもの場合は、裁判所の調査官が家庭訪問したり、保育園などに聞き取りに行ったりしますが、高校生にもなると、調査官が直接会うことはほとんどないでしょう」

●経済状況の良し悪しは、ほとんど影響を与えない

――経済状況は、親権に影響を与えるか?

「裁判所は、ほとんどと言っていいほど、経済状況と関係なく、親権を決めます。たとえば、母親が専業主婦で、父親が経済的に余裕があるというケースがあったとしても、そのことが判断材料になることはありません」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング