「留置場はひどいところだった」 ろくでなし子さん、外国記者の質問に答える(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年7月26日 14時51分

写真

関連画像

自らの女性器をスキャンし、3Dプリンターで出力するためのデータをつくって配布したとして、「わいせつ電磁的記録媒体頒布」の容疑で逮捕され、その後、釈放された芸術家ろくでなし子さんは7月24日、外国メディア向けの記者会見を開いた。

ろくでなし子さんによるスピーチに続いて行われた質疑応答では、米国を始めとする海外メディアの記者からさまざまな質問が飛んだ。弁護団の山口貴士弁護士が通訳と法的説明を行なうかたわらで、ろくでなし子さんは逮捕時の様子や留置場での体験について、率直に答えていた。

記者とろくでなし子さんとの質疑応答は、次のとおり。

(1)外国女性記者

――この事件は世界的に注目を集めている。日本では性表現産業が大きな産業になっていて、性の商品化もたくさんある。それなのに、女性器の型をとってスキャンして、データとして配ることができないというのは明らかな矛盾に思えるが、どう思うのか?

ろくでなし子:「私もすごく日本は矛盾していると思います。たとえば、電車の中吊り広告では、子どもやいろんな人が見る場で、わいせつな文章の広告が堂々と出ていて、見たくもないのに見させられることが不愉快です。一方で、まんこそのものに悪いイメージを与えて、それがいけないものみたいにしています。その見方がとても男性目線で、女性の主体性が全くないんです。それがおかしいと思って、活動してきました」

(2)外国男性記者

――2つ質問がある。1つ目は、なぜこの時期に摘発されたのか。事前に警告があったのか。2つ目の質問は、安倍首相が女性の社会参加を推進しているけれど、その流れに対して今回の摘発がどういう影響を与えるのか?

ろくでなし子:「何の警告もなく、突然の逮捕でした。去年から大手出版社の週刊誌がしょっちゅう女性器特集という変な特集を組んでいて、その中にはこの活動を取り上げてくれた雑誌もあったんですけど、私の作品以上に、週刊誌のほうで、まんこをテーマにしたことをやっていました。その中で3Dスキャンしたというのもあったんですけど、なぜか私が逮捕されました。(2つ目の質問について)安倍政権になってからとても右傾化しているように感じていまして、80年代の日本の女性はもっと元気だったと思うんですけど、どんどん保守的になっているように感じます。今回の件も、そういうのが少なからず影響したんじゃないかと思います」

(3)フランス10・男性記者

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング