「24時間以内に死んでくれ」と迫ったら相手が自殺――「殺人罪」になる可能性は?

弁護士ドットコムニュース / 2014年8月6日 18時19分

写真

関連画像

24時間以内に首でもつって死んでくれ——。7月29日に14歳の長男を殴った疑いで逮捕された父親(41)が、長男に対してそんな暴言を吐いていたと、報じられている。

報道によると、父親は「長男を殴った際、『24時間以内に首でもつって死んでくれ』と言った」と、警視庁に供述しているという。長男は7月29日午後に父親から暴力を受け、その翌30日朝に自室でクビをつって死亡しているのを、母親に発見された。

父親の暴言や暴力などで、精神的に追い詰められたと、警察はみているようだ。父親の暴力は数年前からで、6月中旬から特に激しくなったと、母親は証言しているという。

衝撃的な話だが、「24時間以内に首でもつって死んでくれ」と迫った相手が、本当に首をつって自殺した場合、死亡についての法的責任は問われるのだろうか? 刑事事件にくわしい落合洋司弁護士に聞いた。

●「自殺教唆」になりうる

「まず考えられるのは、自殺教唆罪(刑法202条)です。この罪で有罪になれば、6カ月以上7年以下の懲役刑または禁錮刑に処せられる可能性があります」

自殺教唆罪とは、もともと自殺しようと思っていない人に決意させて、自殺させるという犯罪だ。今回のケースにあてはめた場合、もし父親の言葉によって息子が自殺を決意・実行していれば、この犯罪にあたるわけだ。

ただ、落合弁護士によると、場合によっては、さらに重い犯罪が成立する可能性も考えられるという。それはどんなものだろうか?

「考えられるのは、より刑が重い、『間接正犯』としての殺人罪(刑法199条)です。殺人罪の法定刑は、死刑か無期懲役、または5年以上の懲役であり、自殺教唆罪よりも格段に重くなります」

ここで出てきた「間接正犯」というのは、どんな意味だろうか。

「間接正犯というのは、自らが直接手を下す直接正犯とは異なり、他人を道具として利用する・・・そうであるがゆえに、正犯としての責任を問われる形態です」

つまり、自ら直接、手を下しているわけではないが、他人を道具のように意のままに操って、自らが望む犯罪を実行していることから、「正犯」と評価される。そのような犯行の形態を「間接正犯」と呼ぶわけだ。

●認定しだいでは、「殺人罪」も・・・

今回の事件については、どうだろうか?

「報道をもとに考えると、本件では、被害者に対して、長期間にわたり執拗かつ強度な暴行が加えられた上で、精根尽き果てた被害者に自殺が強制された可能性があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング