司法試験をテーマにした異色のライトノベル「憲法ガール」はいかにして生まれたか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年8月14日 14時35分

写真

関連画像

『憲法ガール』。そんなユニークなタイトルのライトノベルが昨年、司法試験受験生の間で評判になった。難解な司法試験の憲法の問題について、「小説」の形式で解説した本で、「面白くてわかりやすい」と人気を集めたのだ。

登場するのは、ロースクールを目指して勉強中の大学生である「僕」と、その友人の「トウコ」や「ユズ先輩」「リアンくん」といった面々だ。漫画に出てきてもおかしくないような個性的なキャラクターたちが、司法試験の難問をめぐって、熱い議論をかわす。

ライトノベルという軽快なタッチで、重厚な司法試験問題を解説するという異色の組み合わせが受けたようだが、なぜ、このような本が世に送り出されたのか。著者の大島義則弁護士にインタビューして、『憲法ガール』が生まれた背景を聞いた。(取材・構成/関田真也)

●「物語」で何かを表現したいという気持ちがあった

――『憲法ガール』は、どのような作品なのでしょうか。

大島:「一言でいえば、司法試験の『憲法』で過去に出題された論文問題を、対話形式で解説する小説です。大学の法学部や法科大学院に通う登場人物が、司法試験の過去問に取り組む物語ですね。

過去問の解説なので、メインターゲットは、法律家志望の法科大学院生や法学部生となっています。ただ、物語形式ということもあり、会社の法務担当者や公務員、憲法に関心のある一般の方などにも読んでもらえるのではないか、と思っています」

――司法試験の問題解説なのに、「ライトノベル」として書かれていることが特徴的ですね。どのような狙いで、このような作品を書こうと考えたのでしょうか?

大島:「この本は、私が個人のブログに書いていた小説がベースになっています。ブログでは、書籍になることを前提に書いていたのではなく、事前に明確な『狙い』があったわけではありません。気ままに書いたものが、結果的にネットで広く受け入れられた、というのが実態ではないでしょうか。

ただ、もともと小説が好きだったので、『物語』で何かを表現したいという気持ちがありました。実は、高校生のとき、趣味で小説を書いていたんです。当時は時間もあったので、恋愛小説や推理小説、ライトノベルなど、一通りのジャンルを書きました。そういった経験が、今回の作品を生み出すきっかけになったかもしれませんね」

――「小説」という形式にしたのは、なにか意味があったのでしょうか?

「ただ単純に、司法試験の解説を書いただけでは、メインターゲットである司法試験受験生にしか読んでもらえません。しかし物語形式であれば、一般の方にも、とりあえず興味を持って読んでもらうことができるかもしれません。

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング