猛威ふるう「エボラ出血熱」 海外で「感染したかもしれない」と思ったらどうすべき?

弁護士ドットコムニュース / 2014年8月24日 11時50分

写真

関連画像

西アフリカを中心にエボラ出血熱が猛威をふるっている。世界保健機関(WHO)は8月19日、エボラ出血熱による死者が1229人に達したことを発表。エボラ出血熱の感染者が出ている国々に対して、出国する全ての人を対象に感染の有無を検査するよう要請した。

エボラ出血熱は、感染者の血や汗といった体液、排せつ物などに触れることで感染する。現在に至るまで有効な治療法は確立されていない。ウイルスの種類によっては、致死率は50~90パーセントにも達する危険な感染症だ。

現在のところ、日本国内での感染は確認されていない。また、厚生労働省は、エボラ出血熱について、「通常の日本人旅行者が現地で感染するリスクは非常に低い」としている。しかし万が一、海外で「感染したかもしれない」と思ったら、どうすれば良いのだろうか。

検疫法や入管法などの出入国管理法制にくわしい山脇康嗣弁護士に聞いた。

●空港での「検疫」で正直に申告すべき

「どう行動すべきかは、症状など状況しだいの部分もありますが、仮にエボラ出血熱に感染した場合でも、日本人なら日本国に入国できないことはありません。まずは、空港で行われている『検疫』で、正直に申告することでしょう。

検疫は、感染症の病原体が国内に入らないよう、空港など水際で阻止するための検査のことです。検疫法では、エボラ出血熱は『一類感染症』として、検疫すべき感染症に含まれています」

その『検疫』は、どんな風に行われているのだろうか?

「具体的には、空港などで、入国者に対して質問・診察する形で行われています。

もし、エボラ出血熱に感染した疑いがあれば、その人は指定の医療機関等に隔離されたり、停留されたりします」

停留というのは何だろうか?

「『停留』は、症状はないものの感染した可能性がある人(濃厚接触者)を経過観察して、感染の有無を確認することです。

かつて、飛行機内で新型インフルエンザの患者が発見された際に、濃厚接触者(近くに座っていた高校生ら、乗客47名と乗員2名)が、成田市内のホテルに10日間停留されたことがあります。

その時にはニュースになりましたので、覚えている方もいるかもしれません」

長期間隔離・停留されれば、生活や仕事に支障が出るが、それを嫌がって嘘をつく人はいないのだろうか。

「検疫官の質問に答えなかったり、虚偽の答弁をした人や、診察・隔離・停留の措置を拒否したり、妨害したり、避けた人は、6月以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング