独身税、ポテチ税、渋滞税・・・世界の「ユニーク税」どんな効果があったのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年8月24日 12時15分

写真

関連画像

文化が違えば、法制度や税制も違う。世界には、日本人が驚くような税や、日本で徴税されたら、かなりの人が困りそうな税もある。

過去にブルガリアで導入されたのは「独身税」だ。独身者の収入の5〜10%に課税された。ポテトチップス好きを困らせるのは、ハンガリーの「ポテトチップス税」。イギリスでは「渋滞税」なるものもある。

こうした変わった税は、どういう背景で導入されたのだろうか。どんな効果があったのか。近藤学税理士に聞いた。

●税金というムチで国民の行動をコントロール

「税金には、次の4つの役割があると言われています。

(1)社会の会費(2)富の再分配(3)景気の調整(4)政策の実行――です。

このうち、世界のユニークな税金は、(4)の政策の実行を目的とするものが多いでしょう。分かりやすく言えば、税金というムチで国民の行動をコントロールしようとするものです。国によって社会問題の種類が異なるため、他の国の人からすると、驚くような種類の税金が課せられることがあります」

その一つが「独身税」だろう。独身者にはつらい税だ。

「そうですね。少子高齢化の問題を解消するために、独身税はブルガリアで1968年から1989年にかけて導入されました。独身者の収入の5〜10%に課税したところ、出生率はかえって2.18から1.86に低下したというデータもあるそうです」

独身税がかえってあだとなったのだろうか。

「当時は、ベルリンの壁が崩壊する直前で、東欧諸国の経済が破たん寸前でした。課税強化ぐらいでは、結婚を促すことはできなかったのでしょう。

このような形での税金の課税は、結婚という行いを経済的な視点で捉えています。もし、日本で導入するにしても、少子化対策の効果は薄いのではないでしょうか。

未婚者はきっと、経済的な視点で、結婚生活での支出と、独身税の負担分をてんびんにかけるでしょう。結婚して独身税から逃れたとしても、家庭生活や子育てなど別の形での経済的負担は増えるのですから、負担にたいした違いはありません」

●「脂肪税」導入の結果、食べたい人は他国で購入

特定の食べ物に、税金がかかる国もあるようだ。

「その筆頭、『ポテトチップス税』は、ハンガリーで2011年9月に施行されました。実際の課税対象は、ポテトチップスだけでなく、スナック菓子や炭酸飲料など、塩分や糖分の高いジャンクな食品です。ポテトチップス1キロあたり約80円が課税されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング