楽曲「無断利用」は1曲1500万円!? ネット動画で「BGM」を使うときの注意点

弁護士ドットコムニュース / 2014年8月29日 17時26分

写真

関連画像

自分が化粧をしていくようすをYouTubeで公開し、総計10億回も視聴されている人気メイクアップアーティストのミシェル・ファンさんが、このほど、レコード会社から巨額の賠償金を請求されて、話題になっている。

BBCによると、ファンさんを訴えたのはアメリカのUltra Music社。同社は、自らが管理している楽曲を、許可なく動画のBGMとして使用されたと主張。使用された50曲について、1曲当たり8万8000ポンド(約1500万円)の損害賠償を請求している。一方、ファンさんは「過去に、同社から使用許可をもらっていた」として、徹底抗戦の構えだという。

もし日本で、他人の楽曲をBGMとして無断利用した動画をYouTubeで公開した場合、著作権法違反になるのだろうか。著作権の問題にくわしい高木啓成弁護士に聞いた。

●「楽曲の演奏」と「音源の利用」は別の話

「他人の楽曲でも、その楽曲を自分でカバー演奏したり、それに合わせて歌ったりした動画をYouTubeで公開する場合、著作権法違反にはなりません」

高木弁護士はこう述べる。これは「JASRACなどYouTubeと包括契約を締結している著作権管理事業者の管理楽曲についての話」ということだが、日本で流通している有名な楽曲は対象になる場合が多いだろう。

「他方、CDなどの楽曲の音源をそのままBGMとして利用した動画をYouTubeで公開した場合、『原盤権』の侵害として、著作権法違反となってしまいます。

このように、他人の楽曲を使うといっても、『他人の楽曲を演奏する場合』と、『他人の楽曲のCDなどの音源をそのまま利用する場合』では、違いがあります」

●「著作権」と「原盤権」という2つの権利

他人の曲を使うことに変わりはないのに、カバー演奏する場合と、CDなどの音源をそのまま利用した場合で、なぜ結論が分かれるのだろうか?

「CDなどの音源には、大きく分けて『著作権』と『原盤権』という、2つの権利が含まれています。

『著作権』は、楽曲を作詞・作曲することで発生する権利です。

『原盤権』は、その楽曲をレコーディングして音源を制作することで発生する、音源についての権利です。

このうち『著作権』については、YouTubeが、JASRACその他の著作権管理事業者と『包括契約』を結んで、その管理楽曲について利用許諾を得ています。この包括契約があるため、『カバー演奏する』場合なら、動画投稿者が個別に許諾を得る必要がないのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング