日弁連が「死刑執行」抗議声明を発表「世界140カ国で廃止、停止されている」

弁護士ドットコムニュース / 2014年8月29日 20時55分

写真

関連画像

東京拘置所と仙台拘置支所で8月29日、死刑囚2人の死刑が執行された。死刑執行を受けて、日本弁護士連合会は同日、死刑執行に抗議し、執行の停止を求める村越進会長の声明文を発表した。

報道によると、2012年12月の第2次安倍政権の発足に伴い、谷垣禎一法務大臣が就任して以来、死刑執行は6回目。計11人の死刑が執行された。今回執行されたのは、2001年に青森県弘前市で「武富士」の支店を放火し、従業員5人を殺害した罪などで死刑が確定した小林光弘死刑囚(56)と、2001年から2005年にかけて、暴力団組長ら3人を殺害した罪などで死刑が確定した高見澤勤死刑囚(59)の2人。

声明文などによると、今回、仙台拘置支所で執行された小林死刑囚については、今月、第3次再審請求が棄却され、近日中に第4次再審請求に向けた準備が進められていたという。声明文ではこの段階での執行について、「極めて遺憾」「強く抗議する」としている。

また、今年3月、静岡地裁が袴田巌氏の第2次再審請求事件について、再審を開始して、死刑執行を停止する決定をしたことに触れ、「もし死刑の執行がなされていたならば、まさに取り返しのつかない事態となっていた」「えん罪の恐ろしさはもちろんのこと、死刑制度の問題点がいっそう明らかになっていた」としている。

世界で死刑を廃止、停止している国は140カ国にのぼっており、「死刑廃止は国際的な趨勢」としている。

声明全文は以下の通り。

●死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明

本日、東京拘置所及び仙台拘置支所において、各1名に対して死刑が執行された。谷垣禎一法務大臣による6度目の執行であり、同大臣は就任以来、合計11名に対して死刑の執行を命じたことになる。仙台拘置支所において執行された被執行者は、今月、第3次再審請求が棄却され、近日中に第4次再審請求を行うべく準備を進めていたとのことである。極めて遺憾であり、当連合会は改めて死刑執行に強く抗議する。

当連合会は、2013年2月12日、谷垣法務大臣に対し、「死刑制度の廃止について全社会的議論を開始し、死刑の執行を停止するとともに、死刑えん罪事件を未然に防ぐ措置を緊急に講じることを求める要請書」を提出して、死刑制度とその運用に関する情報を広く公開し、死刑制度に関する世界の情勢について調査の上、調査結果と議論に基づき、今後の死刑制度の在り方について結論を出すこと、そのような議論が尽くされるまでの間、すべての死刑の執行を停止すること等を求めていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング