橋本聖子議員「キス騒動」で同姓同名の「歌手」に批判コメ殺到・・・名誉毀損になる?

弁護士ドットコムニュース / 2014年9月12日 12時10分

写真

関連画像

日本スケート連盟の会長をつとめる橋本聖子参院議員の「キス騒動」が思わぬところに波及している。騒動が発覚した8月下旬、「同姓同名」の若手歌手・橋本聖子さん(21)のブログに批判コメントが殺到した。

日刊ゲンダイによると、ブログには「セクハラ聖子!」「オリンピックに出てた時は応援していたのに見損なった」「政治に専念しろ」などのコメントが書き込まれた。橋本さんは「誤解されてショックです」と話しているという。

人違いのとばっちりを受けたかっこうだが、「歌手の橋本さん」は、こうしたコメントを書いた人に対して、名誉毀損などの法的責任を問えるのだろうか。石井龍一弁護士に聞いた。

●「人違い」でも名誉毀損にあたる場合がある

「『国会議員のAさん』を非難する内容の書き込みが、同姓同名の『歌手のAさん』のブログになされたという事例で考えてみましょう。

もし、『歌手のAさん』のブログに書き込まれた内容が、『歌手のAさん』の社会的評価を低下させるような内容であれば、『歌手のAさん』に対する名誉毀損行為や侮辱行為に該当する可能性があります」

国会議員のAさんに向けた書き込みが、歌手のAさんの社会的評価を下げるというのは、たとえばどんな事例だろうか。

「たとえば、『歌手のAさん』のブログに『セクハラA!』と書き込まれた場合ですね。

その書き込みを見た人は、『国会議員のAさん』ではなく『歌手のAさん』が『セクハラをするような人だ』と受け取ってしまう可能性があります。

こうした書き込みは、『歌手のAさん』の社会的評価を低下させるおそれがあるといえるでしょう」

●「相手を勘違いした」というケースは?

相手を勘違いしたという場合でも、ダメなのだろうか。

「刑事責任については、次のような例で考えることができます。『犯人がXさんを殺すためピストルを撃ったところ、Xさんがとっさによけたため、背後にいた全く無関係のYさんが被弾し、死亡した』という例です。

この例では、『XさんであれYさんであれ、犯人には<人間>を殺す意図があったことには違いはない。その意図のもとで<人間>を殺すという結果が生じたのだから、犯人にはYさんに対する殺人罪が適用できる』と判例は考えてます。

さきほどの名誉毀損、侮辱行為の例も同様に考えることができます。書き込みをした人は、<人>の名誉を毀損したり侮辱する意図で、<人>の名誉を毀損し侮辱する結果が生じさせているからです。

したがって刑事上、『歌手のAさん』に対する名誉毀損罪ないし侮辱罪が成立する可能性があります」

すると、民事上の損害賠償請求も可能なのだろうか?

「民事上、『歌手のAさん』に対して慰謝料などの損害賠償責任を負うかどうかも、基本的には、刑事責任と同じように考えることができます。

むしろ民事上の責任は、過失でも生じますので、刑法上の責任よりも民事上の責任が生じる範囲は広いと言えます。不用意な書き込みには注意したほうがよいでしょう」

石井弁護士は、このように注意を呼びかけていた。

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
石井 龍一(いしい・りゅういち)弁護士
兵庫県弁護士会所属 甲南大学法学部非常勤講師
事務所名:石井法律事務所
事務所URL:http://www.ishii-lawoffice.com/

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング