「iCloud」で有名女優の「ヌード写真」流出――SNSで拡散させた人の責任は?

弁護士ドットコムニュース / 2014年9月14日 10時34分

写真

関連画像

米アップルのクラウドサービス「iCloud」が不正にアクセスされ、米国の有名女優やモデルのヌード写真などのプライベート画像が流出したと報じられ、世界的な話題になっている。

報道によると、写真は匿名掲示板「4Chan」に投稿され、ツイッターなどのSNSで拡散しているという。流出した女優の代理人は、「目にあまるプライバシーの侵害だ。当局はすでに調査中で、犯人には法的措置で対抗する」と主張している。

こういった画像を不正に入手して流出させたり、流出した画像をSNSで拡散させたりすることには、どんな法的問題があるのだろうか。インターネット上のトラブルにくわしい清水陽平弁護士に聞いた。

●プライベート画像の流出は「名誉毀損」

「iCloudは、AppleIDでサインインして利用するサービスです。今回の問題では、第三者が不正にアクセスして取得したデータを、インターネット上に流出させたことが問題になりました」

不正にデータを取得したことに、どんな法的問題があるのだろうか。

「アクセス権がないのに、勝手にログインをして情報を抜き取ったということになります。日本で同じことをすれば、不正アクセス禁止法に抵触することになります。不正アクセスをした場合は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金とされています(同法11条)」

では、プライベート写真を流出させたことには、どんな問題があるのか。

「今回は、ヌード写真などのプライベート画像が流出しているようですが、このような画像は公開を予定していたものではなく、他人に見られたくないものであることは言うまでもありません、

そういった画像を勝手に公開することは、日本では名誉毀損にあたります。流出させたのはその不正アクセスをした人物と思われますので、この人物が名誉毀損罪に該当することになります」

●SNSでの拡散も「不法行為」にあたる

今回は、流出したとみられる画像がヌード写真だったことが大きな問題になっている。

「ヌード写真に性器が写りこんでいるような場合、日本ではその画像はわいせつ物にあたると評価でき、わいせつ物公然陳列罪などにあたるでしょう。

また、プライバシーや名誉を侵害する画像をインターネット上に流出させる行為は不法行為であると評価できるため、民事上の損害賠償責任を負うことにもなります」

さらに、今回は、SNSで画像が拡散したことが問題になった。拡散させることにどんな問題がありうるのだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング