「アホ」「辞めてしまえ」上司が部下に暴言を吐いても「口癖」ならば処分は軽くなる?

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月6日 11時8分

写真

関連画像

兵庫県警は9月上旬、部下の警部に対して「アホ」や「辞めてしまえ」など、パワハラ発言を繰り返したとして、県警本部刑事部の警視(53)を「本部長注意」にしたと発表した。被害者の警部は体調を崩し、自宅療養中だという。

「本部長注意」は、いわゆる懲戒処分ではなく、比較的軽いものだ。共同通信によると、兵庫県警は「本人の口癖でもあることなど総合的に判断して、懲戒処分にしなかった」と発表している。

ただ、「アホ」や「辞めてしまえ」という発言は、相手の人格を否定するものだし、深く傷つけることはあるだろう。「口癖だったから」という理由で懲戒処分にしなかったのは、妥当な判断と言えるのだろうか。パワハラの問題にくわしい白川秀之弁護士に聞いた。

●そもそも「パワハラ」とは?

「パワハラとは、職務上の地位などの優位性を利用して、社員に精神的・身体的ストレスを与えたり、職場環境を悪化させる行為のことです。

今回のように上司が部下に対して、『アホ』や『辞めてしまえ』という発言を繰り返すことは、れっきとしたパワハラです」

白川弁護士はこのように説明する。パワハラをした人に対しては法律上、どのような処分を下せるのだろうか。

「処分の内容は、パワハラの態様や程度、回数、被害者への損害の内容、過去の処分歴などによって変わってきます。

たとえば、過去にパワハラで処分を受けているのに、同じようなパワハラ繰り返した場合には、反省していないとしてさらに重い処分が下される可能性があります。

パワハラの内容があまりにもひどい場合は、懲戒処分を下すことも可能です」

●今回の処分は妥当なのか?

今回のケースでは、警視の発言は「本人の口癖」だったとして、懲戒処分よりもずっと軽い「本部長注意」とされた。その理由について、白川弁護士はこのように説明する。

「まず今回のパワハラは、上司と部下の関係といっても、警視と警部という一定の地位がある者同士の間で起こりました。

さらに、『本人の口癖』という認識が職場内にあったなら、周りの人にパワハラとして意識されていなかった可能性があります。そのために、軽い処分にとどまったのでしょう」

今回のような軽い処分は、果たして妥当だったのだろうか?

「個人的には、『懲戒処分』ではなく、『本部長注意』という処分が下されたのは『甘い』という気がします。少なくとも今回の件で、この警視が上司として不適格なことは明らかになったといえるので、降格等の処分を下すべきだったと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング