たかの友梨社長「圧迫発言」を謝罪 「残業代未払い」の告発めぐり(リリース全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月4日 21時38分

写真

関連画像

大手エステサロン「たかの友梨ビューティクリニック」を経営する「不二ビューティ」の高野友梨社長が、労働問題をめぐり女性従業員に「圧迫発言」をしていた問題で、高野社長は10月4日、「不適切な発言」だったとして、従業員に向けて謝罪した。

高野社長の「圧迫発言」は8月21日、仙台店の従業員を集めた食事会の席で、残業代未払いを労働基準監督署に申告した女性従業員に対しておこなわれた。このときの音声の録音データが、女性従業員が加入している労働組合「エステ・ユニオン」(ブラック企業対策ユニオン・エステ支部)によって公表され、大きな問題となっていた。

その食事会で高野社長は、女性従業員に対し、「労働基準法にぴったりそぐったら絶対成り立たない」「つぶれるよ、うち。それで、みんな困らない? この状況でこれだけ働けているのに、会社つぶしてもいいの?」などと、問い詰めていた。

高野社長の音声はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=d-_SB6IC2yw

不二ビューティはウェブサイトでプレスリリースを公開し、8月5日に労働基準監督署から是正勧告と指導を受けたことや、「エステ・ユニオン」との間で団体交渉をおこなっていることを踏まえ、労働環境の改善に取り組むことを表明した。休憩時間の確保や、残業代の支払いなど、労務改善計画の具体策も公表した。

同社が発表したプレスリリースの全文は以下の通り。

●弊社従業員への謝罪及び弊社の労務環境改善に向けた取り組みについて

2014年10月4日

株式会社不二ビューティ

本日、たかの友梨ビューティクリニック仙台店において、当社代表取締役高野友梨から、2014年8月21日開催の食事会における不適切な発言等につき、組合員・従業員に向けて謝罪いたしました。

当社と致しましては 2014年9月25日付けプレスリリースにてお知らせいたしましたとおり、同年8月5日に仙台労働基準監督署より是正勧告及び指導を受けた件、並びにエステ・ユニオンと団体交渉中の各案件の解決に向けた具体的な取り組みの一環として、労務改善計画の実行を進めるとともに、労務環境の改善に真剣に取り組んで参る所存ですので、皆様の変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

なお、現時点で取りまとめられた労務改善計画の骨子は下記のとおりです。

1.働き方の改善 

(1) サロン施術対応時間を変更

 勤務開始時間と施術対応時間が同一のサロンは、施術対応時間を今までより30分繰り下げる(勤務開始時間の変更はなし)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング