たかの友梨社長「コンプライアンスの意識が未熟だった」従業員への「謝罪文」(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月6日 14時49分

写真

関連画像

エステサロン「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティは10月4日、労働問題をめぐる「圧迫発言」について、高野友梨社長が「従業員に向けて謝罪した」と発表した。しかし、問題の女性従業員が加入する労働組合「エステ・ユニオン」は、「謝罪の場にその従業員はいなかった」として、同社を批判している。

それに対して、不二ビューティは6日、「エステ・ユニオンの事務所に謝罪文をファクスと郵便で送った」と説明するプレスリリースを発表。同時に、高野社長が4日に仙台店で読み上げたという「謝罪文」の全文をウェブサイトで公開した。

そのなかで、高野社長は、残業代未払い問題を労基署に告発した女性従業員に「圧迫発言」をしたことについて、「私の、労働コンプライアンスに対する知識や意識が未熟だったからであると深く反省しております」と説明。「●●さんはじめ、仙台店の従業員の皆さん、ひいては全国の従業員の皆さんに多大なご心配とご心労をお掛けしてしまったこと、そして、組合活動に圧力をかけていると受け取られるような言動をしてしまったことについて、ここに、深くお詫び申し上げます」と謝罪の言葉を述べている。

また、「私はこれまで、日本のエステ業界の草分けとして、37年間、この業界で頑張ってきました。その中で、エステは、女性が自立できて、技術と誇りを持って働くことができる仕事だと確信しています。ただその一方で、旧来からの会社のオペレーションが、労働基準法をはじめとする法令の想定する働き方とはズレがあり、また、今の社会の働き方にそぐわなくなってきていることに気付くのが遅れ、今回の事態となってしまったのだと思っています」と、今回の問題について振り返っている。

そのうえで、「今後は、法令を遵守していくことはもちろんのこと、それ以外のことでも、従業員のみなさんの声を広く吸収し、真摯に受けとめながら、全力で問題を解決、改善していきたいと思っています」と、決意の言葉を記している。

不二ビューティが10月6日に公表した「従業員への謝罪文」は以下の通り。

●仙台店の従業員・組合員の皆様へ 

従業員の皆さん、本日はわざわざお集まりいただき、ありがとうございます。

このたびは、8月5日に仙台労働基準監督署から是正勧告と指導を受けた件や、8月21日に開催した食事会の席での私の発言、あるいはその前に私が全国の店長にメール送信した文書の件で、世間を大変騒がせてしまい、仙台店だけでなく、全国の従業員の皆さんを非常に心配させ、ご迷惑をお掛けする結果となり、大変申し訳なく思っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング