もし自宅が「火事」にあったら・・・「保険金」を確実に払ってもらうための注意点

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月26日 17時41分

写真

関連画像

自宅が突然燃えてしまったら――。考えたくない事態だが、その「万が一」に備えるためにあるのが、火災保険だ。

しかし、火災保険に加入していたからと言って、それで万事安心というわけではない。いろいろな事情で保険金が支払われない場合もあるからだ。あるQ&Aサイトには「保険会社よりお支払いできませんと通知が来た」として、助言を求める投稿がされていた。

自宅が火事に遭ったとき、保険金をきちんと支払ってもらうためには、どのように対応すれば良いのだろうか。火災保険の未払い事件に取り組む坂野真一弁護士に聞いた。

●火災のあと保険会社の調査が入る

「火災保険をかけている物件が火災事故に遭った場合、通常は消防・警察による事情聴取の他、保険会社の調査が入ります。

保険会社は、関係者からの聞き取りを行い、資料の提出を求め、現場を検分するといった調査を行います。

表面上は、『保険金を支払うために必要な手続です』という名目の調査ですが、私の経験からいえば、こうした調査は『保険金を支払うためというより、保険金を支払わなくて済む理由はないかを調べている』と感じられる場合がかなりあります」

保険会社の調査に対して、どう応対すればいいだろうか?

「火事に遭われて、茫然自失となっている方も多いはずですが、きちんと頭の中で事実を整理して、正しく伝える必要があります。

たとえば、保険会社に対して、消防・警察に話した内容と矛盾した内容を話したり、被害を実際より多く申告したりすると、『何か不正があったのではないか』と、怪しまれることがあります。

実際に、私が担当した裁判で、保険会社側から証拠として提出されてきた調査報告書の中には、『保険をかけていた方の対応が不審であった』と、調査員の印象を堂々と明記していたものもありました」

頭を整理してから、落ち着いて対応すべきと言えそうだ。

「そうですね。保険会社とやり取りする際には、念のため会話を録音しておくほうが良いでしょう。

また、保険会社から何らかの資料提出を求められた場合には、『何の資料』を『いつ』『誰に』渡したかを明らかにするために、受取書をもらっておくことです。

さらに、求められた資料については、コピーを渡すか、原本を渡す場合でもコピーを取っておくことが大事です。保険会社の担当者は変わることも多いため、後で訴訟になったときに、『そんな書類は受け取っていない』と、しらを切られることもあり得ます」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング