「ラッパのマーク」が決め手ではなかった!? 大幸薬品が「正露丸」訴訟に負けたワケ

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月31日 10時45分

写真

関連画像

ラッパのマークでおなじみの「セイロガン糖衣A」を販売する大幸薬品が、キョクトウの販売する「正露丸糖衣S」のパッケージがそっくりだとして、使用の差し止めなどを求めた裁判で、最高裁は10月上旬、大幸側の上告を棄却した。これで、大幸薬品の敗訴が確定した。

2つの商品は呼び名がほとんど変わらず、パッケージも、黄色を基調とした箱のデザインという点で似ている。箱に書かれた「飲みやすい白い錠剤」というキャッチフレーズも同じだが、裁判所は大幸薬品の訴えを退けた。

その理由はどこにあるのだろう。メディアの中には「ラッパのマークが決め手となった」と報じているところもある。だが、不正競争防止法にくわしい木村貴司弁護士に聞いてみると、それは正確とはいえないようだ。

●裁判所は何を比較したのか?

「たしかに2つのパッケージを見比べると、似ているという印象を受ける人もいるかもしれません。しかし、最高裁が支持した大阪高裁の判決は『見た目』だけでなく『呼び名』や『イメージ』についても検討を加えています」

このように木村弁護士は説明する。

「そして、大阪高裁が判決のなかで特にていねいに比較しているのは、『ラッパのマーク』の有無ではなく、『セイロガン糖衣A』と『正露丸糖衣S』という商品名のロゴの部分です」

2つの表示は、どのように比較されたのだろうか。

「表示が似ているか、似ていないかの判断は、商品の取引の実情を考慮しながら、『見た目』『呼び名』『イメージ』を比較して検討します。この判断は、法律用語で『類否判断』と呼ばれています」

それでは「セイロガン糖衣A」と「正露丸糖衣S」の2つの区別は、どんな風に判断されたのだろうか。

●「A」と「S」のデザインは大きく違う

「その2つは、声に出して読むと、最後のアルファベット1文字以外、全く同じです。またその2つは、ともに『糖衣錠タイプ』の家庭用胃腸薬である、というイメージを生じさせます。そのため、裁判所は、『呼び名』や『イメージ』は近いと判断しました。

しかし、裁判所は、薬局やドラッグストアでは、家庭用医薬品が声だけで取引される可能性が低いことなどを考慮し、『呼び名』をあまり重視すべきではないとしました」

呼び名やイメージは似ているが、重視されなかった。それでは何が重視されたのか?

「両者のロゴの見た目は『セイロガン』と『正露丸』で、カタカナ表記と漢字表記という明確な違いがあり、『A』と『S』の文字デザインも、大きく異なります。また、『糖衣』部分の表記方法についても違いがあると、裁判所は述べました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング