あいつぐ「危険ドラッグ」交通事故 「助手席の男性」が免許取り消しになるワケ

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月4日 12時0分

写真

関連画像

日本各地で「危険ドラッグ」の使用者による交通事故が後を絶たない。事態を重く見た警察は取り締まりに力を入れている。

厳しい対応は今後、ドライバーだけでなく助手席の男性にも向けられるかもしれない。東京都公安委員会は10月25日までに、危険ドラッグを吸引したドライバーが起こした事故で、助手席にいた男性を運転免許取り消し処分にした。

男性はドライバーに危険ドラッグを渡した疑いで、道路交通法違反(過労運転等の禁止)ほう助容疑で書類送検されている。

危険ドラッグを吸引し、事故を起こしたドライバー本人の免許が取り消されるのはわかる。しかし、「助手席の男性」の免許が取り消されるのは、どういった理由からだろうか。道路交通法にくわしい谷原誠弁護士に聞いた。

●助手席の男性も、違反行為をそそのかしたことになる

「一言でいえば、道路交通法にそういうルールがある、ということです。

『助手席の男性』の免許が取り消された理由は、報道によると『重大違反そそのかし』ということです。

これは、道交法に規定された免許取消事由に該当します」

道交法のルールは、どんな風に書いてあるのだろうか?

「実は道路交通法には、『危険ドラッグ』という文字は出てきません。

同法は、『過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態』で、自動車を運転する行為を禁止しています。

そうした状態で自動車を運転した場合、重大な交通の危険を生じるおそれがあるからです」

危険ドラッグを吸引すると、「正常な運転」はできなくなる?

「まず、危険ドラッグを吸引すると、『意識が朦朧とする』『幻覚・幻聴』『錯乱』といった症状が出るようです。正常な運転ができないおそれがあると言えるでしょう。

したがって、危険ドラッグを吸引して自動車を運転することは、『薬物の影響』で『正常な運転ができないおそれがある状態』で運転したことになるので、道路交通法違反となります。

この違反行為は、重大な交通事故を引き起こす危険性が高いので、『重大違反』と言えるでしょう。

そうすると、助手席の男性は、運転者に危険ドラッグを渡した、ということですからこの『重大違反』を『そそのかした』ことになります。

つまり、道路交通法の運転免許取消事由に該当するのです」

●刑事処罰を受ける可能性も

重大な事故を引き起こす危険な行為をそそのかしたのに、免許が取り消されるだけだと、制裁としては軽いようにも思えるが…

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング