道頓堀に裸で飛び込んだ男性 「誰かにパンツを脱がされた」としたら無罪じゃないの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月5日 16時46分

写真

関連画像

熱烈なファンが多いプロ野球・阪神タイガース。優勝したときの「道頓堀ダイブ」は名物として知られている。日本シリーズは福岡ソフトバンクホークスに敗れ日本一は逃したが、日本シリーズ進出が決まった夜には、喜びに沸く多くのファンが、道頓堀に飛び込んだ。

しかし、いくら嬉しくても、ハメを外しすぎるといけないようだ。大阪府警は下半身を露出させ、靴下だけのほぼ全裸でダイブした30代の男性を、公然わいせつ容疑で書類送検した。

スポーツニッポンによると、男性は取り調べに対し、「裸で飛び込んだのは間違いない」としながらも、「パンツは誰かに脱がされたかもしれない。酔っていてよく覚えていない」と容疑を一部否認しているという。

お祭り騒ぎのなか、酔っ払いが脱いだり、脱がせたりするのは決して珍しいことではない。もし男性の言う通り、泥酔するほど酒を飲んだ状態で、誰かに「下着を脱がされた」としたらどうだろう。そんな事情があったとしても、犯罪者になってしまうのか。刑事事件にくわしい伊藤諭弁護士に聞いた。

●酔っていたらどうなる?

「公然わいせつ罪とは、文字通り『公然とわいせつな行為をする犯罪』です。不特定または多数の人が見ることのできる状況で、陰部を露出する行為はこの罪にあたります」

伊藤弁護士はこう指摘する。酔っぱらってよく覚えていない場合でも、罪になるのだろうか。

「公然わいせつ罪が成立するためには、犯人自身が公然とわいせつな行為をすることを認識して、『それでも構わない』と考えていることが必要です」

具体的には、どんな認識ならアウトなのだろうか?

「自分で脱いだとしても、他人に脱がされたとしても、自分が衣服を着けていないことを分かっていて、かつ『それでも構わない』と思っていた場合はアウトです。

こうした場合なら、公然わいせつ罪の故意が認められ、犯罪は成立します」

自分が裸だと分かったうえで、「それでもいいや」と思っていたなら、ダメということだ。逆に、犯罪が成立しないのは、どんな場合だろう。

「たとえば、泥酔などにより意識を失った状態で何者かに衣類を脱がされ、自分が裸でいることが分かっていないまま寝ていた、といった場合ですね。

こうした場合、公然わいせつ罪の故意は認められず、犯罪は成立しません」

今回のケースはどう考えられるだろうか。

「報道によると、この男性は『衣類を脱がされたこと自体は酔っ払っていてよく覚えていない』というものの、その後に自分がほとんど裸であることは分かったうえで、川に飛び込んでいるようです。

それを前提とすれば、公然わいせつ罪は成立すると考えられます」

伊藤弁護士はこのように指摘していた。

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
伊藤 諭(いとう・さとし)弁護士
1976年生。2002年弁護士登録。横浜弁護士会所属(川崎支部)。中小企業に関する法律相談、交通事故、倒産事件、離婚・相続等の家事事件、高齢者の財産管理(成年後見など)、刑事事件などを手がける。趣味はマラソン。
事務所名:市役所通り法律事務所
事務所URL:http://www.s-dori-law.com/

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング