京大で学生と警官がトラブル 「捜査のため」でも大学に勝手に入ったらダメなのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月11日 11時58分

しかし、最高裁は、その演劇が実社会の政治的・社会的活動であり、公開の集会に準ずるとしました。つまり、大学の中で行われていても、その演劇の発表会は『大学の自治』の対象外としたわけです。

結局、無罪判決は破棄され、差し戻し審で学生の有罪が確定しました」

●「大学の自治」の侵害とはいえない?

こうした抗議活動も、最高裁の理屈だと、「大学の自治」の対象外とされてしまうのだろうか。

「今回の事件も、最高裁判決のように限定的に考えてしまうと、『大学の自治』の侵害とはいえないかもしれません。

しかし、この最高裁判決に対しては、警察の情報収集活動が『大学の自治』を害する危険を軽視している、などの批判があります。

また、警官は、京大と京都府警の協定に違反して、大学の管理下であるキャンパス内に立ち入ったとのことです。警官による建造物侵入罪の問題等は残ると思います」

林弁護士はこのように指摘していた。

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
林 朋寛(はやし・ともひろ)弁護士
北海道出身。沖縄弁護士会所属。日本弁護士連合会・弁護士業務改革委員会委員(スポーツ・エンターテインメント法促進PT、企業の社会的責任(CSR)と内部統制に関するPT)。経営革新等支援機関。『スポーツ事故の法務-裁判例からみる安全配慮義務と責任論-』(共著)。
事務所名:カフー法律事務所
事務所URL:http://oki78.biz/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング