ボクサーと税理士「両方が本業、自分のオリジナルな道」KOデビューした柏野晃平さん

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月20日 10時41分

写真

関連画像

東大卒の公認会計士・税理士で、しかもボクサー。そんな異色の経歴を持つ柏野晃平さん(川崎新田ボクシングジム)が9月、プロデビュー戦で2ラウンドKO勝利を飾った。税理士とボクシングの両立というハードな道をなぜ選んだのか。柏野さんは「僕ならではのオリジナルな道を歩みたい」と日々トレーニングに汗を流している。(取材・構成/具志堅浩二)

柏野さんの動画はこちら。https://www.youtube.com/watch?v=sSKnz5S4Id8

●文武両道のほうが、良いパフォーマンスを発揮できる

「高校時代から、ボクシングには興味を抱いていました。ストイックに頑張り、相手だけではなく自分との戦いに勝つ、という強さに憧れました」

高校時代、剣道部だった柏野さんは限界を感じていた。剣道は体重別に分かれておらず、体格の違う者でも試合を行う。当時、柏野さんの身長は163cm、体重は56kg前後。自分よりも大柄な選手との試合では、しばしば劣勢に立たされてしまう。憧れとともに、剣道のそうした無差別なところも、体重で階級が細かく分かれるボクシングに柏野さんを向わせる要因の1つだった。

東大に進学して入部したボクシング部は、部員の自主性が重んじられていた。勝つために必要なことを自分なりに考え、実行する中で、柏野さんは実力を伸ばしていく。在学中に公認会計士の試験に合格した後、学生最後の年にアマチュア全日本ランキングでライトフライ級6位にランクイン。千葉国体にも東京代表として出場した。

当時通っていた川崎新田ボクシングジムの新田渉世会長からは、プロ転向を誘われた。「その時は就職も決まっていたし、アマで結果が残せればそれで良かった」と首を縦には振らず、卒業を機にボクシングから引退した。

未練はまったくなく、むしろ「減量がキツかったし、もうやりたくはなかった」。たまに部活に顔を出す程度で、仕事に専念した。

●転職でよみがえったボクシングへの思い

「資格を取ったのは、独立開業したかったからなんです。会社員の父は仕事が忙しく、家にあまりいませんでした。その姿を見てきたのもあって、会社員になるのは抵抗感がありました。自営業なら、仕事と私生活のバランスを取りやすいし、転勤もありません」

就職先は、あずさ監査法人。公認会計士として登録されるには、試験に合格した後、2年以上の実務経験が必要となる。「2年後、この仕事が好きで自分に向いていたら続ければいいし、そうでなければ別の道に進もうと考えていました」。そして、2年後の2013年、柏野さんは「別の道」を模索するため転職活動をはじめる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング