レイプ被害「あなたは悪くないと被害者に伝えてほしい」サバイバーが語る回復への道

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月19日 10時45分

写真

関連画像

性暴力の被害とは何か。被害を受けた人にどんな支援ができるのか――。そんなテーマのシンポジウムが11月18日、さいたま市の埼玉県男女共同参画推進センターで開かれた。

アメリカで15年前、レイプ被害を受けたフリーのフォトジャーナリスト大藪順子さんが登壇し、被害を受けたときの衝撃と、支援を受けて立ち直るまでの道のりを語った。

●「叫びたくても叫べませんでした」

1999年8月9日、アメリカの新聞社で写真家として働いていた大藪さんは、その日の取材を終え、1人暮らしのアパートに帰って、いつもより早い時間に眠りについた。

部屋の入り口に誰かが立っていることに気がついたのは、夜中、トイレに行こうと目を覚ましたときだったという。

「はじめは、『私、夢を見ているのかな?』と思いました。でも、その人影はどんどん近づいてきた。私は足がすくんで逃げられなくなりました。一生懸命『助けて!』と叫びましたが、気がついたら声が出ていませんでした。身体が凍り付いて、叫びたくても叫べませんでした」

事件が起きる前、「もしそんなことが自分の身の上に起こったら、戦ってやる」と、大藪さんは考えていた。しかし、実際には動くことができなかった。

その時、大藪さんが考えていたのは、「今夜死んではいけない」ということだった。「もちろんレイプしていいと許可を与えたのではありません。自分の命を守るために、その男に従おうと思ったのです」

●階下のおじさんに通報してもらった。

家のドアにはカギがかかっていた。しかし、男は裏口のドアを壊して侵入してきた。そして、そのドアから、男は去って行った。

「裏口のドアがパタンと閉まる音がしたとき、逃げるなら今だと思いました。表から降りて、1階に住んでいる顔見知りのおじさんのドアを叩いて、警察に通報してもらいました」

10分後、2人の警察官がアパートに到着した。「裏口が壊れている」「こじ開けた道具があった」と、警察官から報告を受けた。

●屈辱的だった「レイプ検査」

殴る蹴るはされておらず、ケガはしていなかったが、大藪さんは救急病院に連れて行かれた。「レイプ検査」という、加害者のDNAを検出する検査を受けるためだ。この検査が、「非常に屈辱的だった」と大藪さんは振り返る。

「本来レイプ検査は、『加害者に舐められた部分を、検査のために綿棒でなぞってもいいですか?』などと聞いて、被害者に許可を得てから行われるべきです。しかし私が受けた検査は、自分の許可なしに作業が行われました。私はこの夜、私の一番プライベートな部分を、2人の人間から無許可に触られたのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング