ネットで注目のサイト「アグレッシブ離婚」 なぜ作ったのか、制作者に聞いてみた

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月21日 18時12分

写真

関連画像

明るい離婚で、明るい未来に――。こんなキャッチコピーがつけられた「アグレッシブ離婚」という名前のウェブサイトが登場し、ネットユーザーの注目を集めている。ネットで簡単に離婚に向けた手続きが進められるサービスだというが、だれがどんな目的で作ったのか。制作者に聞いてみた。

●「怪しいサイトではないか」といぶかしむ声も

サイト上の解説によると、「アグレッシブ離婚」の手順は次のような流れだ。

(1)離婚する相手の「電話番号」「メールアドレス」「別れの言葉」を入力する

        ↓

(2)入力欄の下にある<離婚する>と書かれたボタンをタップする

        ↓

(3)相手に電話がかかり、「離婚を承諾するかどうか」をキー入力で選択させる

        ↓

(4)相手が承諾した場合、送信者のもとに「離婚の承諾を得ました」というメールが届く

        ↓

(5)コンビニへ行き、プリンターで「離婚届」をプリントアウトする

図解入りの説明を見たネットユーザーから賛否両論の反応がみられた。はてなブックマークでは、「これはいろいろ便利そう!」「実用的」と肯定的にとらえるコメントも多くみられたが、「個人情報を取得するのが目的では?」と、怪しいサイトではないかといぶかしむ声もあった。

11月21日現在、<離婚ボタン>はすでに外されており、画面上には、「注:こちらはハッカソンのデモ用のサイトで、実際に運営しているサービスではありません」と表示されている。残念ながら、現在は、サービスを利用できない状態だ。

タイトルのインパクトも含め、注目を集めた「アグレッシブ離婚」。このサイトは、どういった意図で作られたのか。制作者である釘宮慎之介さんに話を聞いた。

●「重たい」離婚を「手軽」なものにしたかった

――「アグレッシブ離婚」は、どういった意図で作られたのでしょうか。

11月15日と16日に開催された「TechCrunch Tokyo Hackathon 2014」というソフトウェア開発のイベントで、仲間と3人で、1日かけて作成したものです。そのイベントで1日限りで運用したサイトなので、現在はサービスを利用することができません。

――1日しかサービスを運用していなかったのに、大きな反響があったようですね。

はい。ただ、いい反応だけではありませんでした(笑)

クリックしても何も起こらないのですが、イベント後もしばらくの間<離婚ボタン>が残っていたんです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング