「ねずみ講」上位会員に利益返還を命じる「最高裁判決」 被害者の救済は進むのか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月24日 11時0分

写真

関連画像

いわゆる「ねずみ講」を運営していた会社「クインアッシュ」の破産管財人が、元上級会員に利益の返還を求めていた裁判の判決で、最高裁は10月下旬、元会員側に約2100万円の支払いを命じる判断を示した。ねずみ講の上位会員にも支払い責任があると、最高裁が認めたのは初めてとされる。

ねずみ講とは、他人を勧誘すれば利益が得られるとして参加者を募り、お金を吸い上げていくシステムだ。運営組織と一部の上位会員には利益が集まるが、最下層の人はお金を出すだけになる。最終的には必ず破たんし、大多数が損をするため、法律で禁止されている。

下級審の判決によると、ソフト開発会社だった「クインアッシュ」は2010年、ブログを自動作成するシステムへの出資を募り、月々の配当金や、新規会員の勧誘料などを約束して、数千人から約25億円を集めた。同社は2011年に経営破たんし、破産管財人が、利益を得たと考えられる上位会員に対して利益の返還を求めていた。

今回、最高裁が利益の返還を命じたのは、どういった理屈からだろうか。今後は、この判決をきっかけに「ねずみ講」被害者の救済が進むのだろうか。消費者被害にくわしい大村真司弁護士に聞いた。

●公平の観点から「評価できる」

「今回の最高裁判決は、『ねずみ講』の上位者の利得を、下位者に戻して、公平を図ることを念頭に置く内容です。被害者の救済のために、一定の評価ができるでしょう」

公平というのは、どういうことだろうか。

「『ねずみ講』は、個々の参加者が、『被害者としての側面』と『加害者としての側面』を持っているのが特徴です。

というのも、個々の参加者は、お金を支払わされるという意味では被害者ですが、下位の人を勧誘してお金を集めたという意味では加害者ですからね。

みんな同じように利益と被害が同程度あるわけではなく、上位の人ほど下位の人からもらえる利益が大きく、下位の人ほど少なくなりますから、上位の人は収支がプラスになり、下位になるほど被害が多額になっていくわけです。

このように上位者に集中する利益から、下位者の被害を救済しようというのは、公平の観点から評価できるというわけです」

今回の判決が出たことで、「ねずみ講」の被害者の救済は進むだろうか。

「今回の判決は、個々の『下位者』が『上位者』に直接お金を請求することを認める内容ではありません。

いったん、破産管財人が『上位者』のお金を受け取った後、そのお金を被害者への配当に回すことで、間接的な被害救済を実現することにとどまります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング