西島秀俊・向井理「結婚報道」ショックで「きょうは会社休みます」は許される?

弁護士ドットコムニュース / 2014年11月27日 14時38分

写真

関連画像

人気俳優の西島秀俊さん(43)や向井理さん(32)の「結婚」があいついで報じられ、女性ファンから悲鳴が上がっている。西島さんは、16歳年下の27歳の一般女性と結婚することを11月19日に発表。向井さんは女優の国仲涼子さんと12月に結婚する予定だという。

おめでたいニュースではあるが、「西島さん結婚」の報道が流れると、ショックのあまり「会社を早退します」とツイートするファンが続出。その2日後の朝、向井さんの結婚報道があると、「西島さんで深い傷を負ったのにその上向井理まで!!今日は会社休みます」といったツイートが投稿された。

ファンの中には好きなタレントが結婚したショックで、仕事が手につかないという人もいるだろう。「好きなタレントが結婚してショックを受けた」は、会社を休んだり早退する正当な理由にあたるのだろうか。労働問題にくわしい大山弘通弁護士に聞いた。

●有給休暇を利用すればよい

「そもそも、労働者は、年次有給休暇という、理由に関係なくいつでも休むことができる権利があります(労働基準法39条)。この権利を行使すれば正当な理由かどうか関係なく、休んだり、早退したりすることができます」

有給休暇は、どんな場合に取得できるのだろう?

「この、年次有給休暇の権利は、6か月以上継続勤務し、8割以上出勤していれば、向こう1年間で10日以上、賃金をもらいながら休めるという制度です。

パートやアルバイトのような短時間勤務の労働者でも、日数は少なくなりますが年次有給休暇を取得できます。

ただ、年次有給休暇は、2年間で時効となってしまい、それ以上に繰り越すことができません。しかも、日本での有給休暇の取得率は50%にも満たない低率です。このような年次有給休暇の制度を利用しない手はありません。

年次有給休暇の取得にあたっては、理由を告げる必要はありませんので、今回のような場合であっても当然に休むことができます」

早退はどういう扱いになるのだろう。

「会社が労働組合などと協定を締結していれば、『時間単位』で年次有給休暇を取得することが可能です(労働基準法39条4項)。つまり、『午後から休む』という早退も可能です」

●会社が困ると休めない?

芸能人の結婚は突然報じられるが、その日に「きょうは会社休みます」「早退します」と言って、休めるのだろうか。

「会社としては、従業員が突然休むと困る場合もあるでしょう。

有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合、会社は有給休暇の取得時期を変更するよう従業員に要求することができます(労働基準法39条5項)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング