たかの友梨「マタハラ訴訟」和解 女性従業員が「第1回口頭弁論」前日に訴え取り下げ

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月11日 23時6分

写真

関連画像

大手エステサロン「たかの友梨ビューティークリニック」の女性従業員が、マタニティ・ハラスメントを受けたなどとして、運営会社の「不二ビューティ」に慰謝料などを求め、東京地裁に訴えていた裁判で12月11日、和解が成立した。女性が所属する労働組合「エステ・ユニオン」が、「原告の女性が和解案に納得して訴えを取り下げた」と発表した。

第1回口頭弁論が12月12日に予定されていたが、その前日に訴訟が終結した。エステ・ユニオンはブログなどで「傍聴による裁判支援の呼びかけや報告集会の開催も予定しておりましたが、こちらも中止とさせていただきます。ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします」と説明している。

女性は10年近く同エステで働いた正社員だが、2013年12月に妊娠した際、妊娠にともなう軽易業務への異動希望を拒否されるなど、「マタニティ・ハラスメント」を受けたと主張。さらに、長時間残業を強いられたのに残業代が支払われなかったとして、マタハラの慰謝料200万円と未払い残業代1400万円の支払いを求めて、今年10月29日に東京地裁に提訴していた。

エステ・ユニオン執行委員の青木耕太郎さんは弁護士ドットコムの取材に対し、「今回の和解内容は話せない。産前産後休暇については、エステ・ユニオンと同社の間で、同社が女性の働きやすい職場環境作りに取り組んでいくということで労使合意をした。労使合意の内容は、労使で協議した上で改めて発表する」と話している。

同社に関してはほかにも、エステ・ユニオンに所属する女性従業員2人が、未払い残業代の支払いを求めて、仙台地裁に訴訟を提起している。仙台地裁の裁判は、第1回口頭弁論が来年1月29日に予定されている。

(弁護士ドットコムニュース)

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング