スマホ片手に自転車に乗る「チャリスマホ」 事故を起こさなければ「違法」ではない?

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月13日 16時46分

写真

関連画像

警察庁が11月下旬に発表した道路交通法施行令の改正案で、スマートフォンを操作しながら自転車を運転することの取り扱いが、ネットで話題になった。いわゆる「チャリスマホ」と呼ばれる行為が、道交法が禁じる「危険行為」にあたるかどうかが、問題とされたのだ。

自転車利用者は、危険行為で繰り返し摘発されると、安全講習の受講が義務づけられる。その意味で、なにが危険行為に含まれるかが重要だ。今回、警察庁は、道交法施行令の改正案で、「危険行為」の具体的な内容として、信号無視や酒酔い運転など14項目を挙げた。

このうち、安全運転義務違反という項目について、時事通信は「スマートフォンを見ながらの運転も含まれる」と報じた。一方、NHKは、スマートフォンを操作しながら自転車を運転して「事故を起こした」場合に危険行為になると伝えた。つまり、単にチャリスマホをしただけでは「危険行為」にあたるわけではないというのだ。

厳密にいうと、どちらの報道が正しいのか。「チャリスマホ」をすること自体が、道交法が禁じる「危険行為」にあたるのかどうか。警察庁交通局に聞いてみた。

●「チャリスマホ」だけで「安全運転義務違反」なのか?

警察庁は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、チャリスマホは「安全運転義務違反」(道路交通法70条)にあたる可能性がある、と回答した。

ただ、「チャリスマホ」で自転車を運転するだけで、すぐに「安全運転義務違反」になるかと言えば、そうではないようだ。

警察庁は、「安全運転義務違反」となるケースについて、「個別具体的に見て、交通の危険に結びつくような場合」としている。たとえば、「チャリスマホ」で前方を見ていなかったため、実際に事故を起こしてしまった場合が当てはまるという。NHKの報道のほうが、より正確だといえそうだ。

●事故を起こさなくても「違法行為」になる

ただし、各都道府県の道路交通規則では、自転車運転者の遵守事項を定めており、そのなかに「自転車を運転するときは、携帯電話での通話や画面を見ながら運転してはならない」という規定がある(道路交通法71条6号、各都道府県道路交通規則)。

つまり、チャリスマホをしても、事故を起こさなければ、道交法施行令の「危険行為」にはあたらないといえるのだが、各都道府県の道路交通規則には違反してしまうというわけだ。

警察庁は、電子政府サイトで、道交法施行令の改正案について説明するとともに、パブリックコメントを募集している。意見がある人は、コメントを書き込んでみてもいいだろう。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=120140018

(弁護士ドットコムニュース)

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング