タカタ製「エアバッグ」問題でリコール続出――「完成車メーカー」にも責任があるの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月26日 11時59分

写真

関連画像

日本の自動車部品メーカー「タカタ」が製造したエアバッグに欠陥が見つかった問題が波紋を広げている。アメリカでは、タカタ製エアバッグの異常破裂が原因とみられる死亡事故が起き、社会問題に発展。自動車メーカーのホンダやマツダが全米でリコールをおこなうと発表している。

タカタ自身も12月24日、ステファン・ストッカー社長が取締役に退き、高田重久会長が社長を兼務する人事を発表。意思決定の迅速化を進めようとしている。

この問題は日本国内にも及び、すでに300万台を超える自動車がリコール対象となっている。自動車産業全体に大きな打撃を与える事態となりそうだが、そもそも「リコール」とは、どんな仕組みなのだろうか。また、自動車の部品に問題がある場合でも、「完成車メーカー」がリコールしないといけないのか。消費者問題にくわしい岡田崇弁護士に聞いた。

●「リコール対象の車種」はウェブサイトで確認できる

「一般的に、『リコール』とは、製品に欠陥が見つかったときに、製造者や輸入事業者などが製品の回収をおこなって、無償修理することをいいます」

岡田弁護士はこのように説明する。もっとも、自動車にかんしては、より細かく分類されているという。

「自動車については、次のようなリコールがあります。

(1)道路運送車両の保安基準に適合していなかったり、または適合しなくなるおそれがある状態のときのリコール

(2)道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に安全の確保および環境の保全上看過できない状態のときの改善対策

(3)リコール届出や改善対策届出に該当しないような不具合で、商品性・品質の改善措置をおこなうサービスキャンペーン」

いずれの場合も、自動車メーカーには、国土交通省への届出が義務づけられているという。

「なお、自分の車がリコールの対象になっているかどうかは、国土交通省のウェブサイト(http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/ )で確認することができます。問題となったタカタ製エアバックを搭載した車種についても、すでにリコールがおこなわれていることが確認できます」

●部品メーカーが「自動車の所有者」を把握するのは困難

なぜエアバッグを作った部品メーカーのタカタではなく、ホンダなどの完成車メーカーがリコールに乗り出しているのだろうか。

「部品メーカーの製品のために、完成品としての自動車が『保安基準』に適合しない可能性が出てくるからです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング