「ヤマト」発進準備は1207億円、前田建設「ファンタジー営業部」の軌跡を振り返る

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月28日 8時30分

写真

関連画像

「宇宙戦艦ヤマトが地球から発進するための工事費用はしめて1207億円」——。準大手ゼネコンの前田建設工業は2003年以降、建設業のPR活動「ファンタジー営業部」でこんなユニークな見積もりを発表している。アニメなどに出てくる架空の「巨大建造物」の設計・見積もり業務を受注したと設定。用いる工法などを吟味して費用や工期をはじき出し、ウェブサイトで公開している。

プロジェクトが進む過程を真面目に、でも遊び心は忘れずに楽しく紹介することで、建設事業の魅力を広く理解してもらおうとの狙いだ。異彩を放つ同社のPR活動はスタートから10年を超えた。ファンタジー営業部が登場する講演会が満員になるなど、建設業界に縁遠かった人たちの関心を着実に引き付けている。(取材・構成/藤原秀行)

●「マジンガーZ」に「銀河鉄道999」「ガンダム」も受注

ファンタジー営業部が最初に手掛けた案件が、巨大ロボット「マジンガーZ」の地下格納庫の見積もりだ。2003年に「工期6年5カ月、予算72億円で工事を引き受けます!」と発表、注目される契機となった。

他にも、「銀河鉄道999」に出てくる銀河超特急の発着用高架橋一式は工期3年3カ月で予算37億円と計算。「機動戦士ガンダム」で、地球連邦軍がアマゾンの地下に建造した基地ジャブローは、ジャングルの環境保護に配慮しつつ、「工期272年、予算2532億円で本当に建設を請け負います!」と明言した。

それぞれのプロジェクトごとに、見積もりの結果だけでなく、担当者による侃々諤々の議論内容も公開。「ヤマト建造に必要な最小限の空間はどうなる?」「ヤマトの前半分は掘る必要ないんじゃないか」といった会話は、当人たちがいたって大真面目に取り組んでいることをうかがわせて、笑いを誘う。

見積もりの経緯と成果をまとめた本が出版されて賞を獲得したり、ファンタジー営業部が見積もりに取り組む場面が舞台になったりと好評を博してきた。ファンタジー営業部の立ち上げに参加した一人、同社の岩坂照之広報グループ長は「建設業に関心がない人たちに我々の業界の魅力を知っていただくためには、今までにないことをやらなければ駄目だと考えた。つてのなかったアニメーション制作会社に飛び込んで協力をお願いするなど、数年かけて実現にこぎつけた」と振り返る。

●「トレーラーに載って自由に動く百貨店」もデザイン

従来の独自見積もりに加え、数年前からは他の業界の企業と組んだPR活動にも力を入れている。たとえば、2011年には、ドミノ・ピザが話題作りのために打ち出した「月面出店構想」に協力、店舗の建設費や資材を月に運ぶコストなどをひっくるめて事業費は1兆6700億円(土地代は除く)とそろばんをはじいた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング