「カードローンはサラ金より危険」借金地獄から抜け出すための「債務整理」

弁護士ドットコムニュース / 2016年7月27日 10時0分

写真

関連画像

大手銀行のカードローンや消費者金融のCMに人気女優や俳優が出てくることが増え、借り入れを何となく身近なものに感じている人も多いのではないでしょうか。審査も通りやすく、気軽に利用する人もいるようです。

しかし、便利で使いやすいがために、気づかないうちに借り入れ額が膨らんでいることもあるかもしれません。もしも返しきれなくなってしまったら、どのような解決方法があるのでしょうか。冨本和男弁護士に聞きました。(取材・文/ライター・吉田彩乃)

●「浪費で使い込む人は多くない」

ーーそもそも、借り入れをする人はどのような事情を抱えているのですか?

ギャンブルや買い物などの浪費で使い込む方が多いと思うかもしれませんが、実際はそこまで多くありません。家計の足しにしたり、引越し費用にしたりする方が多いですね。あるいは、失業・転職などをして収入が減ったけれど、「子どもを私立から公立の学校に転校させたくない」「生活レベルを維持したい」といった理由で借金しているケースもあります。

最近、銀行のカードローンがCMなどで盛んに宣伝されていますが、多額の借り入れがしやすいという点で、実はサラ金より危険です。サラ金は借りられてもせいぜい数十万単位ですが、銀行のカードローンは限度額が数百万円単位なので、いくらでも借金ができてしまう。結果的に、借金も返済額もどんどん膨れ上がってしまいやすいので、注意が必要です。

ーー借り入れを重ねて、返済額が収入から払いきれないほどに膨れ上がってしまった場合、どのような解決方法があるのでしょうか?

債務整理をすれば、一括で請求がくるものを分割に変更することができます。その場合、収入や家族構成、月々の出費などを全て考慮して、月々に実現可能な返済額を弁護士が提案します。

また、利息の支払いを止められるのもメリットです。例えば利息18%で30万円借りたとします。その場合、1万円返済したとしても、そのうちの4500円は利息の支払いにあてられてしまい、借り入れに対する返済は5500円分にしかなりません。1万円返したからといって、借金の総額が29万円に減るわけではなく、借金は29万4500円残っている状態になってしまうのです。

利息の支払いを止めることによって、支払った分だけ借金が減っていくので、終わりが見えない状態から抜け出しやすくなります。

ーー「個人再生」という言葉を聞くこともありますが、どのようなものなのでしょうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング