湯川先生に「捜査情報」漏らしすぎ? 「ガリレオ」岸谷刑事の手法は許されるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年5月9日 10時9分

写真

関連画像

初回から4週連続で視聴率が20%を超えるなど、絶好調のドラマ「ガリレオ」(フジテレビ系)。福山雅治演じる変わり者の天才物理学者・湯川学が、通常ではありえないような怪事件の謎を解き明かしていくというストーリーだ。今シリーズから、新しく相棒となった吉高由里子扮する新人刑事・岸谷美砂との掛け合いも、「実に面白い」と好評だという。

ストーリーは基本的に、捜査に行き詰まった岸谷が湯川に協力を求めることから始まる。その際、岸谷は事件の概要や背景、さらには被害者や関係者の個人情報まで話してしまう。だが、湯川は捜査関係者ではなく、大学の准教授という設定だ。いくら捜査協力のためとはいえ、湯川のような部外者に、刑事がむやみやたらと「捜査上の秘密」を話してしまうことには疑問を抱かざるをえない。

「ガリレオ」は架空の話だが、現実の刑事には通常、捜査上知り得た秘密を守る義務が課されているはずだろう。もし仮に、岸谷のような捜査が現実世界で行われた場合、事件解決のための例外として許されるのだろうか。検事出身で犯罪捜査に詳しい中村浩士弁護士に聞いた。

●何でもかんでも情報を伝えて、相談するのはアウト

「今年3月、検察庁の女性検察事務官が交際相手の男性に捜査情報を漏らしたとして、国家公務員法違反で事情聴取を受けたとの報道がありました。

このように被害者や関係者の個人情報や、犯人特定に繋がる具体的な証拠など、一般的に知られていない捜査情報を、外部の人間に漏らすことは公務員の守秘義務に反して違法です」

このように現実世界の法律の内容に言及したうえで、中村弁護士は「ガリレオ」の岸谷刑事の行動は問題だと指摘する。

「警視庁所属の岸谷刑事は地方公務員なので、彼女が湯川准教授に捜査情報を話し、湯川准教授も捜査情報の提供を岸谷刑事に求めたならば、二人とも地方公務員法違反で刑事処罰を受けることになってしまいます。ドラマのように、何でもかんでも湯川准教授に相談して情報を漏らしていたのではアウトでしょう」

どうやら外部の人間に捜査情報をこと細かく伝えてしまう「岸谷スタイル」は、現実には「ありえない」ものだといえそうだ。

●外部の専門家に捜査情報を伝えていい場合もある

ただし、実際の捜査に外部の専門家が協力することがないわけではない。

「たとえば、殺人事件の捜査であれば、ご遺体の解剖担当医に対し、死因特定のために必要な情報を開示して、医師の意見を求める必要があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング