正社員と非正社員で違う「マタハラ」の中身ーー妊娠きっかけで退社は「非正規」が多い

弁護士ドットコムニュース / 2015年8月28日 12時59分

写真

関連画像

日本労働組合総連合会(以下「連合」)は8月27日、「第3回マタニティハラスメント(マタハラ)に関する意識調査」の調査結果を公表した。妊娠や出産を理由にした違法な解雇や降格などの嫌がらせをする「マタハラ」という言葉への認知度は93.6%と、昨年に比べ31.3ポイント高まった。その一方で、63.5%が「(身の周りでは)変化を感じない」と回答した。

調査は、過去5年以内の在職時に妊娠した20〜40代の女性654人を対象に、8月中旬、インターネットで実施された。認知度が高まったのは、流行語対象のノミネートや、「妊娠を理由にした降格は原則として違法」と判断した昨年10月の最高裁判決などが影響しているとみられる。

「マタハラの被害にあった」と答えた女性は、正社員34.9%、非正社員24.4%。その内容は、正社員と非正社員で違いがあるようだ。

正社員は、非正規に比べ、「妊娠中や産休明けなどに、心無い言葉を言われた」という回答の比率が高い(正社員12.3%、非正規5.1%)。一方、「妊娠・出産がきっかけで、解雇や契約打ち切り、自主退職への誘導などをされた」という被害は、非正規(13.2%)のほうが、正社員(8.8%)よりも多かった。

連合は「非正規労働者で育児休暇がとれない方が増えている」として、非正規労働者への対応の必要性を訴えた。

また、連合は9月17日、「マタハラに負けない‼︎ 産休・育休なんでも労働相談」と題して、電話相談を受け付ける。産休・育休経験のある女性弁護士、社労士などが相談員として対応するという。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング