夫以外の「セカンドパートナー」がいるから結婚生活が安定――そんな主張は許される?

弁護士ドットコムニュース / 2015年10月17日 12時54分

写真

関連画像

夫や妻という本来のパートナーのほかに、心を許せる相手「セカンドパートナー」をもつことは「不倫とはまた違う新しい男女の形」なのだ――。そんな記事が、ネットメディア「女子SPA!」に掲載された。

記事では、「妊活」をめぐる価値観の違いで、夫がED(勃起不全)になってしまった40歳女性のエピソードを紹介している。女性は、体を重ねることのない日々が続くことで「女としての自信」を失っていった。その状況に耐えられず、かつて交際していた元カレと連絡をとってしまったというのだ。

元カレは、今の夫婦関係のどこに問題があるのかについて、この女性の性格を熟知したうえでアドバイスしてくれるという。女性は、「女友だちに話しても同情されるだけで解決しない内容だからこそ、今は元カレの存在がなくてはならないものになっていますね」と話している。

元カレとは体の関係もあるが、それは夫との性生活が復活するまでと決めているそうだ。この女性は「元カレがいなかったら主人との結婚生活は破たんしていたかも」といい、元カレは本来の結婚生活を維持させる「セカンドパートナー」だと、悪びれる様子はない。

ネットで「セカンドパートナー」を検索すると、「決して男女の体関係は持たず、プラトニックな間柄を保つ」と定義づけているものもあり、実態は多様なようだ。「セカンドパートナー」を法的にはどうとらえればいいのだろうか。富永洋一弁護士に聞いた。

●「セカンドパートナー」相手でも性交渉は違法?

「1979年3月30日の最高裁判決によれば、夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、それが自然の愛情によって生じたかどうかなどの事情にかかわらず違法となり、他方配偶者に対して慰謝料を支払う義務があるとしています。

この1979年判決に基づけば、女性の元カレに対する認識が『セカンドパートナー』という認識にすぎなかったとしても、性的関係を持った以上は、違法です。夫に慰謝料を支払う義務が発生しますし、離婚原因にもなります」

富永弁護士の回答は明快だ。女性がいくら「セカンドパートナー」と言いつくろっても、不貞行為は不貞行為にすぎないようだ。

ところで、この女性の場合、元カレと関係をもつのは夫と性交渉できないから、という言い分があるようだ。それでも、元カレとの性交渉は「違法」になってしまうのだろうか。

「1996年3月26日の最高裁判決によれば、配偶者と第三者が肉体関係を持った場合でも、その配偶者間の婚姻関係がその当時すでに破綻していたときは、原則的に、慰謝料は発生しないと判断しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング