「君が代斉唱で起立しない教員の名前」 教育委員会が集めるのは許される?

弁護士ドットコムニュース / 2013年6月20日 11時10分

写真

関連画像

学校行事で「君が代」を斉唱するときに起立しない教職員の氏名を、神奈川県教育委員会が各校から収集しているのは違法だとして、県立高校の教職員らが報告内容の抹消を県に求めた訴訟で、最高裁は4月下旬、原告の上告を退ける決定をした。これにより、教職員側の敗訴が確定した。

報道によれば、神奈川県教委は2006年、入学式や卒業式の「君が代」斉唱時に起立しなかった教員の氏名を報告するよう県内の各校に指示した。これに対して、県立高校の教職員ら25人が「こうした行為は、『思想・信条に関する個人情報の収集』を禁じた県の個人情報保護条例に違反する」として、集めた情報の削除を求めていた。

個人の思想・信条については、憲法19条が「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」と定めており、公権力が個人の「思想・信条」の領域に踏み込むことは憲法違反とされている。神奈川県の個人情報保護条例も、憲法19条を背景としている。そのように重要な「思想・信条」に関する問題として、教職員側は裁判を起こしたと考えられるが、最高裁が上告を退けたことの問題点について、猪野亨弁護士に聞いた。

●「思想・良心の自由」が憲法で保障されている歴史的背景とは?

「卒業式などの国歌斉唱の際、教員に対して起立が命じられますが、国歌が君が代とされている以上、君が代斉唱のための起立命令です」

猪野弁護士はこのように述べたうえで、その意味について、次のように語る。

「君が代は、天皇制賛美の歌であり、戦前は大元帥天皇のための歌ということで、当然のごとく国民に強制したという歴史があります。

だからこそ、憲法19条で、思想良心の自由は『侵してはならない』とされているのです。本来、内心がどうあろうと自由なはずですが、それにも関わらず、あえて思想良心の自由が規定されているのは、国家による強制という歴史があったからです」

こう話す猪野弁護士は、神奈川県教委の対応について、どう考えるのか。

「東京都では、起立しない教員に懲戒処分などによって強圧的な対応で強制が行われていますが、神奈川県の場合には、教育委員会がその情報を収集するというレベルで留まっています。

しかし、これは公的機関によるあからさまな個人の思想信条に関わる個人情報の収集です」

●最高裁は「不起立に対する戒告」を認める立場

では、なぜ最高裁は、神奈川県教委の情報収集を違法としなかったのだろうか。

「神奈川県の条例では、個人の思想信条に関わる情報の収集は許されないとしながらも、他方で、正当な理由がある場合の例外を認めています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング