「メイドインPRC」ってどこ? 「原産国表示」のルールはどうなっているのか

弁護士ドットコムニュース / 2013年6月4日 15時6分

写真

関連画像

買い物をするとき、「原産国」を気にする人は少なくない。筆者の周りにも「家電は多少高くても日本製を買う」という人が結構な割合でいる。逆に、安ければどこの国の製品でも構わないという人もいるだろう。

だが、商品のタグを見たとき、そこに「Made in PRC」と表記されていたらどうだろう。おそらく多くの人が「これはどこの国?」と首をひねるに違いない。実はこれ、中国のこと。中華人民共和国の英文表記「People’s Republic of China」の頭文字を並べた表記なのである。

なぜPRCなのか。中国製品だと気づかせないために、そんな表記をしているのではないか。そう感じてしまうほど、最近の日本では中国製品のイメージが悪化しているように思える。そんな中、ネット上では、表記を「Made in China」から「Made in PRC」に変えたことで製品の売り上げが伸びた——などという話も、まことしやかに囁かれている。

確かに間違いとは言えないかもしれないが、マーケティングの都合で表記をコロコロと変えてしまっては、消費者に余計な混乱を招きかねない。原産国表記について、何らかのルールは存在しないのだろうか。堀晴美弁護士に聞いた。

●原産国をわざと誤解させるような表記は「不当表示」にあたるが・・・

「景品表示法は、紛らわしかったり、正しい判断が難しいような表示を『不当表示』として禁止しています。製品が本当の原産国とは違う国で作られたかのように、人々が誤解するような表示は、景品表示法で『不当表示』とされる場合があります。

公正取引委員会の告示『商品の原産国に関する不当な表示』(昭和48年告示第34号)は、外国製品について、『その商品がその原産国で生産されたものであることを一般消費者が判別することが困難である』ような場合は不当表示だとしているのです」

例えば、どんな表示が問題とされるのだろうか。

「原産国が明記されていない場合に、以下の3つに該当していれば、問題となり得ます。

(1)その商品の原産国以外の国名、地名、国旗、紋章その他これに類する表示

(2)その商品の原産国以外の国の事業者またはデザイナーの氏名、名称、または商標の表示

(3)文字による表示の全部または主要部分が和文で示されている表示

具体的でわかりやすい例を挙げると、中国で生産された製品なのにそのことを明記せず、イギリスの国旗マークを付けて『本場イギリスの品質』などと銘打つようなケースです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング