中国で人気の「パスドラもどき」 日本企業は「パクリ」にどう対抗すればいい?

弁護士ドットコムニュース / 2013年6月20日 10時30分

写真

関連画像

スマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」いわゆる「パズドラ」は、1400万ダウンロードを超える大ヒットとなっている。その勢いは海外にも広がりつつあるが、中国では早速「パズドラもどき」が登場し、人気なのだという。

モバイル向けゲームの著作権といえば、モバゲー運営会社のDeNAとグリーが争った「釣りゲーム訴訟」が記憶に新しい。これは日本の会社が同じ日本の会社を提訴したものだったが、昨今ではパズドラのように海外で「そっくりゲーム」がリリースされる場合も多い。

たとえば、中国の企業が日本企業のオンラインゲームを勝手にマネしてゲームを作り、収益を上げているような場合、どのように対抗すればいいのだろうか。もし裁判を起こすとしたら、中国の裁判所に訴えるしかないのだろうか。1980年代から中国法務に携わってきた国際弁護士で、『人治国家 中国のリアル』という著書もある黒田健二弁護士に聞いた。

●「パクリ」の証明は相当難しいが、中国で裁判を起こすしかない

「裁判は基本的に、中国で起こすしかありません。日本の判決は中国で強制力がなく、中国企業から賠償を得たり、中国企業に侵害行為を止めさせることができないからです」

中国で裁判を起こす際には、日本と同じような法律で争えるのだろうか。

「中国にも著作権法や不正競争防止法があります。それらにもとづいて、民事訴訟で損害賠償や侵害の差し止めを要求したり、違法な所得の没収や過料を行政に訴えることができます」

裁判では、具体的にどんな主張ができるのだろうか。

「まず、『ソフトウェア著作権を侵害された』という主張があり得ます。中国でも、中国の企業間で釣りゲームの著作権を巡った訴訟が起きています。しかし、実際のところ『権利侵害』を立証することは相当難しいと言えます。

その理由は、ゲームが単なる絵や音楽とは違う『複合的な著作物』だからです。たとえば、ソフトウェア著作権侵害の証拠としては、ソースコード(プログラムそのものの記述)が似ているかどうかまで確認されることがあります。つまり、ごくごく細部を変更することで、『侵害』と認定されないように回避しやすいということです。

裁判を少しでも有利に運ぶためには、中国のソフトウェア著作権登記制度を利用して、権利保有やソースコード類似性の証明に役立てることもお勧めします」

他の選択肢は?

「もう一つは、『不正競争行為だ』という主張です。たとえば、ゲーム・キャラクターの名称等がパクられ(剽窃)、本物との区別が付かなかったり、紛らわしいような場合にはこちらもありでしょう。ただ、そのためには本物(真正品)が、市場でそれなりの知名度を有している必要がありますが」

「知名度」という点でいけば、少なくともパズドラは戦えるだろう。ただ、中国でのパクリ問題を解決するには、かなり困難な道が予想されるようだ。中国は、ぜひともパクリ企業に厳正な対処をして、『パクリ大国』の汚名を返上してほしい。

(弁護士ドットコム トピックス編集部)

【取材協力弁護士】
黒田 健二(くろだ・けんじ)弁護士
弁護士・ニューヨーク州弁護士・弁理士。日本経済新聞「活躍した弁護士ランキング」2012年の外国法部門2位および知的財産部門5位に選出。著書に「人治国家中国のリアル」(幻冬舎メディアコンサルティング)等。
事務所名:黒田法律事務所
事務所URL:http://www.kuroda-law.gr.jp/ja/member/kuroda.html

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング