嵐などのチケット「転売ヤー」の女性逮捕、なんで「古物営業法違反」なのか?

弁護士ドットコムニュース / 2016年9月16日 9時41分

写真

関連画像

人気アイドルグループ「嵐」のコンサートチケットを転売したとして、香川県に住む25歳の女性が逮捕された。その容疑が、古物営業法違反(無許可営業)だったことから、ネットでは「開演していないコンサートのチケットが古物なの」といった声があがっている。

報道によると、女性は転売サイトを使って、嵐のコンサートチケット5枚を定価の1.6倍に当たる計約7万円で売った疑いが持たれている。女性はこのほかにも、チケット交換サイトや自費購入で手に入れたチケットを転売サイトに出品し、2014年10月〜2016年4月までに、約1000万円を売り上げていた可能性があるという。

ネットでは「古物商の免許があったら転売してもいいの」「オークションに出品している人全員が該当するのでは」などの疑問も出ている。消費者問題にくわしい岡田崇弁護士に疑問点を聞いた。

●ポイントは「営業としてやっていたかどうか」

ーー古物営業法とは何か?

古物営業法は、盗品の速やかな発見や売買防止、窃盗などの犯罪防止を目的としています。この中で、古物の売買などの「営業」を行うには許可が必要とされています。

「古物」とは、大雑把にいえば「中古」のことです。ただし、開演前のチケットのように未使用のものでも、「使用のために取引されたもの」であれば、古物になります。古物は13品目に分類されていて、コンサートチケットはこのうち、金券類に該当します。

ーーなぜ、逮捕されたと考えられるか?

チケットを転売した人が、古物営業法で逮捕されるのは珍しいことです。今回のケースは「無許可で金券ショップをやってしまった」と考えると分かりやすいでしょう。

報道によると、女性の直接の容疑はチケット5枚の販売ですが、1年半で1000万円ほどの売り上げがあったと言います。この反復性・継続性から、「営業」としてやっていると判断されたのだと思われます。ただし、盗品の売買防止という法律の趣旨からすると、微妙な部分もある気はしますね。

ーー転売した枚数が少なかったら?

1〜2回くらいでは「古物営業法違反」で逮捕されることはないと思います。過去には、ネットのオークションで手に入れたSMAPなどアイドル関係のチケットを金券ショップに転売し、200万円以上の利益をあげたとして古物営業法違反容疑で逮捕された事例もありますが、これも利益の大きさから「営業」と判断されたと思われます。

なお、今回のケースでは、許可を受けていれば「古物営業法」で逮捕されることはなかったでしょうが、許可があれば転売し放題かというとそうではなく、ほかの法律に抵触する可能性があります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング